クライミング ニュース サイト

アルパインカテゴリーの記事

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
345584_21888_XL.jpg ベルギーのショーン・ビルヌーブが、パタゴニアのフィッツロイをメインとする 6つのピークを縦走するフィッツトラバースに初めて単独で成功しました。フィッツトラバース自体も、2014年のトミー・カルドウェルとアレックス・オノルドのペア以来の第 2登となります。
download.jpg 1月16日にネパール人 10人からなるチームが K2冬季初登しましたが、その後もトライしていた他のチームのクライマー 3名が、山頂付近で行方不明になっています。パキスタンのアリ・サドパラ、チリのジュアン・パブロ・モール、アイスランドのジョン・スノーリの 3名です。
download.jpg 先日、冬季 K2 に初めて登頂した 10人からなるネパールチームを率いて、無酸素登頂したニーマル・プルジャのインタビュー。現在 37歳ですが、初めてアイゼンを履いたのが 30歳というのが驚きです。
download.jpg 先日、ネパール人の 10人チームが K2(8611m) を冬季初登しましたが、そのうちの 1人、ニーマル・プルジャ(Nirmal Purja) は無酸素で登頂しています。彼は 8000m峰全座を約 6ヶ月で完登するなど、高所での強さが際立っています。
download.jpg 10人からなるネパールのシェルパチームが、世界第2 の高峰、パキスタン・カラコルムの K2(8611m) に、現地時間の 2021年 1月 16日 17時に冬季初登しました。彼らは山頂直下 10m で全員揃うまで待ち、最後は全員一緒にネパール国歌を歌いながら山頂に立ったそうです。K2 の登攀に一番よく使われる南東稜(アブルッチ稜) からの登頂になります。
download2.jpg 自転車でヨーロッパ・アルプスを回りながら、高難度ルートを登っているベルギーのニコラ・ファブレスとセバスチャン・バースがスイス・アイガー北壁の最難フリールートである Odyssee(33ピッチ/1600m/5.13c) をオールフリーで完登しました。
download.jpg 中国の測量隊チームが、5/27 にエベレストに中国側(チョモランマ) から登頂しました。翌日には中国の民間チームも登頂しています。今年はコロナの影響でネパールも中国も、登山隊へのエベレストの登山許可を一切出していないため、今シーズン唯一の登山隊、登頂グループとなります。
sixxlvia-vidal-en-el-campo-3-durante-la-apertura-de-sincronia-maxxgica.jpg 毎年、辺境のビッグウォールへ単独で遠征を行なっているスペインの女性クライマー・シルビア・ビダルが、2/7 ~ 3/10 までの 33日間を使って、チリ側パタゴニアのアイセンエリアにある Cerro Chileno Grande の西壁に Sincronia Mágica(1180m A3+/5.10c) という新ルートを開拓しました。
download.jpg ポーランドのフィリップ・バビッチが、イタリア・アオスタのグラン・ボルナ・ケイブで Ade Integrale というルートを初登しました。グレードは D15+ を提唱しています。完全な地下洞のようで、照明を使って登ったようです。
64961713_2279231198995151_4969352104356347904_o.jpg スイス在住、エクアドル出身のカール・エグロフがデナリ(6190m) のスピード記録を更新しました。ベースキャンプ(約2200m) から山頂までの往復で 11時間 44分と、これまでのスペインのキリアン・ジョルネが持っていた 11時間 45分という記録を 1分縮めました。
jew.jpg ロシアのセルゲイ・ニロフとドミトリー・ゴロフチェンコが、未登のジャヌー東壁に新ルート(Unfinished Sympathy) を開拓しました。 かなり壮絶な登攀だったようで、雪崩の危険性より、途中から退路を断たれ、東壁の完登と山頂はあきらめ、未知のルートからの下降を余儀なくされています。
download.jpg アメリカのジム・レイノルズ(25) がパタゴニア・フィッツ・ロイの Afanassieff ルート(5.10c / 1600m) をフリーソロで登下降しました。ベースをスタートして山頂まで 6時間 38分で到達したものの、下りは暗かったのと濡れてる箇所もあり時間がかかり、9時間ほどかかっています。
download.jpg オーストリアのダーフィット・ラマが、ネパールとチベットの国境にある未踏峰のルナグリ(6778m) に 3回目のトライで登頂しました。今回はソロでトライしています。
download.jpg アメリカのヒラリー・ネルソンとジム・モリソンが世界第 4位の高峰、エベレストのすぐ脇にあるネパールのローツエ(8516m) 山頂から、9/30 に初めてスキー滑降に成功しました。
download.jpg パキスタンのカラコルムにあるラトック 1峰(7145m) が、スロベニアのアレシュ・チェセン、ルカ・ストラザール、イギリスのトム・リビングストンのトリオにより、北陵経由で初登攀されました。北陵は 1978年のアメリカ隊(ジェフ・ロウ、ジョージ・ロウ、ジム・ドニーニ、マイケル・ケネディ) 以降、10隊以上にトライされていましたが、今回が初登となります。ラトック 1峰自体でも第 2登に当たります。
download.jpg オーストリアのハンスイエルク・アウアー(34) が、パキスタンのルプガール・サール西峰(7157m) を単独で西壁を初登しました。
DSC4334-e1529080530848-939x563.jpg アメリカのアン・ギルバート・チェイスとシャンテル・アストルガがアラスカ・デナリの最難ルートであるスロバクダイレクト(VI 5.9X M6 WI6+、2700m) を女性チームとして初登しました。通算でも第 9登になります。
download0.jpg 世界第 9位の高峰であるパキスタンのナンガ・パルバット(8126m) の冬季第 2登を狙っていた、ポーランドのトメック・マツキービーチ(42) とフランスのエリザベス・レボル(37) が 1/25 に登頂するも、下山中に遭難し、衛星携帯を通じてレスキューを要請しました。エリザベスは救助されたものの、マツキービーチの救助は断念されました。トメックの冬季ナンガのトライは 2011年から 7年連続のトライでした。
download.jpg スイスのミックスクライミングのメッカ、カンダーシュテークで、スイスのシモン・シャトランを中心に、年末年始に 2本のミックスルートが開拓されました。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

月別過去ログ


年間人気記事

2012年の人気記事Top20

  1. 田嶋あいか、瑞貴姉弟が鳳来で成果
  2. 残置カラビナでロープが切れ、男性が墜死
  3. マグナス・ミトボのトレーニング
  4. 小山田大、マッドロックからイボルブに移籍
  5. ブロッキング機能のあるビレイデバイス
  6. 摩耗したカラビナの危険性
  7. 兜山ロッククライミング自粛のお願い
  8. (追記)マムートの新ハーネス
  9. アダム・オンドラ、5.15cの新ルートを開拓・初登
  10. 尾川智子、世界初のV14を登った女性に
  11. 『黒部 厳冬の十六日間』 - 佐藤裕介スライドショー
  12. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  13. ダニエル・ウッズ インタビュー(2012の目標)
  14. 安間佐千、La Rambla(9a+/5.15a)を第9登
  15. 最近のフリーの記録 - 2012/6/26
  16. 2012年のクライミング
  17. 重い人をビレイする方法
  18. 小山田大、Story of two worlds完登
  19. ヨセミテでハンタウイルスで2名死亡
  20. パトリック・エトランジェ、亡くなる

2011年の人気記事Top20

  1. (追記)アディダスが5.10を$2500万で買収
  2. 鳳来・鬼石「卒業」での事故報告
  3. 第一回ボルダリング日本代表強化合宿
  4. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  5. 小山田大、笠置のプロジェクトを完登「常世」
  6. 女性用クライミングシューズレビュー
  7. チョークバッグのFINGER JOINT
  8. 尾崎隆さん、エベレスト頂上付近で死亡
  9. CCHエイリアン、秋からFixeより再販
  10. 谷口ケイ&平出和也ペア、ナムナニ峰登頂
  11. 安間佐千、Pachamama(5.15a)を第2登
  12. ストーブ
  13. 『ユージの部屋』 第1回・小山田大
  14. アダム・オンドラ、V16課題を初登
  15. ギガT&トロT
  16. ボルダリングワールドカップ観戦メモ
  17. 『チャレンジ!ホビー 壁に挑め! ボルダリング入門』
  18. Giri-Giri Boys、Daddomain東壁初登
  19. アダム・オンドラ、V16課題を第2登
  20. JFA2011日本選手権"マムートカップ"