クライミング ニュース サイト

ベネズエラ・Acopan壁に3チームが新ルート

カテゴリー: アルパイン
11409.jpgPhoto by Luka Krajnc
Miss Acopan, new route in Venezuela by Krajnc and Obid (Planetmountain)
In December 2011 and January 2012 Slovenian climbers Luka Krajnc and Matic Obid repeated a number of routes on Acopan Tepui and established their Miss Acopan (7b, 250m).
スロベニアLuka KrajncMatic Obid が、去年の 12月~今年の 1月にかけて、ベネズエラ・Acopan壁に Miss Acopan(7b、250m) という新ルートを開拓すると共に、複数のルートをリピートしました。
当初は Grmovsek兄弟と Luka Krajnc、Matic Obid の 4名で開拓をスタートするも、Grmovsek兄弟は急用ができ、すぐに帰国してしまい、結局 Luka Krajnc と Matic Obid の 2人で遠征を再開。

11408.jpgPhoto by Luka Krajnc
新ルートは Miss Acopan(7b、250m)。最終的に 1day のオールフリーで登り、残置は下降の時に使った ピトンとナッツ数個だそうです。

また、ドイツのシュテファン・グロバッツ(Stefan Glowacz) が 2006年にクルト・アルベルト(Kurt Albert) と一緒に開拓した Purgatory (7b、700m) の第 2登をはじめ、6本のルートの再登をしています。
ベネズエラ・Acopan壁はブラジルとベネズエラの国境近くにある壁で、麓の Yunek という村からは 2時間のアプローチで壁に取り付けます。

Venezuela 2011/12




11057.jpgPhoto by archive George Ullrich
Kids With Guns, new big wall on Amuri Tepui in Venezuela (Planetmountain)
In February 2012 George Ullrich (UK), Sam Farnsworth (UK) Siebe Vanhee (Belgium) and Mason Earle (USA) established Kids With Guns (5.13a, A3, E6 6c) a new climb up the Amuri Tepui mountain in Venezuela.
アメリカの Mason Earle、イギリスの George Ullrich と Sam Farnsworth、ベルギーの Siebe Vanhee の国際チームが Tuyuren滝の脇に Kids With Guns(5.13a、A3、E6 6c) というルートを 2月に開拓しました。

全体的にかぶった壁に、12日を使い、最終的に 6本のボルトを使い、人工も交えて 21ピッチのラインを完成させています。



6a00d8341d07fd53ef016303f0a264970d-800wi.jpg
赤とオレンジがMaria Rosa、緑がKids with Guns、青がApichavai
Jungle Jamming Expedition with Nico Favresse, Sean Villanueva and Friends (Patagonia)
Regular readers of The Cleanest Line are no doubt familiar with our musical Belgian climbing ambassadors Nico Favresse and Sean Villanueva (see Secret Passage, Asgard Jamming, Greenland Vertical Sailing). The boys just completed a big wall expedition in Venezuela and today we're happy to share the reports from their trip, with meaty details on two new routes at the end.
また、毎年海外のビッグウォールに遠征をしている、ベルギーのニコラ・ファブレス(Nico Favresse) のチームも 1月末から 40日間、この壁に取付いており、Tuyuren滝周辺の 600m のかぶった壁に 2本の新ルートを開拓しています。

メンバーはニコラに加えて、いつものショーン・ビルヌーブ(Sean Villanueva)、ベルギーの若手クライマー・Stephane Hanssens、カメラマンの Jean-Louis Wertz の 4名です。
彼らが最初に開拓したラインは Maria Rosa(7b 500m)。ルート名は地元のクッキーの名前だそうで、ボルトやピトン類は一切使用せずに、下降時も既存のベネズエラルートを下降しています。

6a00d8341d07fd53ef016303b0f56b970d-800wi.jpg

ルートは全体的にかぶっているモノの、予想していたよりは簡単だったそうです。しかしながら、ルートの途中にある 10m のルーフクラックをどうしてもフリーでは越えられず、パーティを半分にわけ、半分はルーフをさけ、3ピッチトラバースしてから上に抜け、もう 1つのパーティはルーフクラックを C1 の人工で抜け、その後をフリーで直上してトップアウトしています。
次に開拓したのが Apichavai(8a+、500m)。このラインでは、2ピッチ目でリードしてた Sean Villanueva が落ちた際、プロテクションが 5箇所飛んで、40m 近く落ちています。しかしながら、ハングしていたせいもあり、空中で止まり、ひどいロープバーンができたものの、致命傷にはならなかったようで、隊からは離れていません。

6a00d8341d07fd53ef016303b0f6c3970d-800wi.jpg

その後も、困難なピッチが続き、全 15ピッチの内、オンサイトできたのは 4ピッチのみでした。そのため、最終的にボルトを 4本使用しています。

Apichavai というルート名は地元の Yunek に住んでいたという伝説の戦士の名前だそうです。

その他

月別過去ログ


年間人気記事

2012年の人気記事Top20

  1. 田嶋あいか、瑞貴姉弟が鳳来で成果
  2. 残置カラビナでロープが切れ、男性が墜死
  3. マグナス・ミトボのトレーニング
  4. 小山田大、マッドロックからイボルブに移籍
  5. ブロッキング機能のあるビレイデバイス
  6. 摩耗したカラビナの危険性
  7. 兜山ロッククライミング自粛のお願い
  8. (追記)マムートの新ハーネス
  9. アダム・オンドラ、5.15cの新ルートを開拓・初登
  10. 尾川智子、世界初のV14を登った女性に
  11. 『黒部 厳冬の十六日間』 - 佐藤裕介スライドショー
  12. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  13. ダニエル・ウッズ インタビュー(2012の目標)
  14. 安間佐千、La Rambla(9a+/5.15a)を第9登
  15. 最近のフリーの記録 - 2012/6/26
  16. 2012年のクライミング
  17. 重い人をビレイする方法
  18. 小山田大、Story of two worlds完登
  19. ヨセミテでハンタウイルスで2名死亡
  20. パトリック・エトランジェ、亡くなる

2011年の人気記事Top20

  1. (追記)アディダスが5.10を$2500万で買収
  2. 鳳来・鬼石「卒業」での事故報告
  3. 第一回ボルダリング日本代表強化合宿
  4. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  5. 小山田大、笠置のプロジェクトを完登「常世」
  6. 女性用クライミングシューズレビュー
  7. チョークバッグのFINGER JOINT
  8. 尾崎隆さん、エベレスト頂上付近で死亡
  9. CCHエイリアン、秋からFixeより再販
  10. 谷口ケイ&平出和也ペア、ナムナニ峰登頂
  11. 安間佐千、Pachamama(5.15a)を第2登
  12. ストーブ
  13. 『ユージの部屋』 第1回・小山田大
  14. アダム・オンドラ、V16課題を初登
  15. ギガT&トロT
  16. ボルダリングワールドカップ観戦メモ
  17. 『チャレンジ!ホビー 壁に挑め! ボルダリング入門』
  18. Giri-Giri Boys、Daddomain東壁初登
  19. アダム・オンドラ、V16課題を第2登
  20. JFA2011日本選手権"マムートカップ"