クライミング ニュース サイト

ヤコポ・ラルケル、スイス・モークタルのトラッドルート・Into the Sun(5.14c)を第2登

カテゴリー: フリー
イタリアのヤコポ・ラルケル(Jacopo Larcher) がスイス・モークタル(Murgtal) にあるトラッドルート・Into the Sun(5.14c) を第 2登しました。ボルト無視で登るグリーンポイントで登っています。
このルートは 2017年にオーストリアのベルント・ツァンガール(Bernd Zangerl) が初登したルートで、ハイボールを延長した感じのルートになります。2015年にボルダー開拓中に、致命的な怪我を負ったベルントの復活ルートです。
ヤコポのコメント。

最近、私はトラッドクライミングの様々な側面を追求することに興味を持っています。同じトラッドクライミングでも、多種多様なスタイルがあり、それはしばしば正反対であったり、それが私にとって非常に興味深いものなのです。
ベルント・ツァンガールが "Into the sun" を初登した記事を読んで、とても興味を持ったのを覚えています。今まで登ったり、見たりしてきたトラッドクライミングとは何かが違うような気がして、実際に行って見てみたいという気持ちが強くなりました。他の人の初登したルートをチェックするのは好きですし、重要なことだと思います。他の人のビジョンを見るのは刺激的で新鮮ですし、自分が快適に感じるスタイルから抜け出し、さまざまな可能性に心を開くことができるかもしれません。岩の前に立っているとき、誰もが何か違うものを見ていますし、それを登るための解決策やアプローチも違います。この多様なビジョンと交流こそが、私たちのスポーツと私たち自身を成長させてくれるのです。
ベルントの経験に感謝し、初登に拍手を送ります。

"Into the sun" はいくつかの課題がある大きなボルダーにあり、全体を右から左へとトラバースしている課題です。ルートは基本的にベルントの既存のハイボール課題 "V.I.P"(Very Important Papagei) をトップアウトしたもので、ボルトの横のガバで終わります。ここが核心で、ボルトを通過した後、明確で大きなクラックを左にトラバースし、ボルダーの別の面で、やや難しめのマントルをこなしてトップアウトします。この最後のセクションは、別のハイボール課題として登られています。最終セクションは簡単ですが、岩が濡れていることが多く、いつも確信が持てません。だからこそ、ハイボールではなく、リードとして登ることに意味があると思います。トラッドクライマーである私にとっても、まさにその通りでした。
誰もが私に尋ねる大きな質問は "Into the sun" とは何なのか? それはトラッドクライミング(グリーンポイント) なのか、それともハイボールなのか? それをどう説明すればいいのでしょうか。正直なところ、私にとっての最大の疑問点は別のところにあります。すべてに名前をつけて、枠内にはめ込む必要があるのでしょうか。私は個人的にはそうは思いません。私にとって "Into the sun" は、素晴らしい岩をどうやって登るかというベルントのビジョンです。これは彼が自分自身に挑戦した方法であり、医者によれば、もうクライミングができないような怪我をした後に、クライミングを再開した方法でもあります。彼はこの大きな挑戦を克服し、他のクライマーのために新たな挑戦をしたのです。私もトライしてみましたが、本当に難しくて、その過程をとても楽しむことができました。それがクライミングのあるべき姿だと思っています。誰かがボルトを打ったかもしれないし、誰かがチッピングをしたかもしれないし、誰かがフリーソロをしたかもしれないし、たぶんほとんどの人はこれを登ることを想像もしなかったでしょう。彼は最高のスタイルで登ったと思いますし、個人的には、これが自分のプロジェクトだったら同じようにやったでしょう。私が唯一違うことをしたとすれば、スタートです。私にとっては、最初のいくつかのハードなムーブを追加する代わりに、ボルダーのスタンドスタートから始めた方がより意味があると思います。しかし、もう一度言いますが、それこそがクライミングの素晴らしいところで、誰もが違うものを見ているのです。しかし、それこそがクライミングの醍醐味であり、人によって見方が違うのです。改めて、このような経験をさせてくれたベルントに感謝します。
そしてもちろん、サポートしてくれたバーバラ、マウロ、アンドレア、ミチにも感謝しています。皆さんのおかげで登れました。

その他

最新の記事

月別過去ログ


年間人気記事

2012年の人気記事Top20

  1. 田嶋あいか、瑞貴姉弟が鳳来で成果
  2. 残置カラビナでロープが切れ、男性が墜死
  3. マグナス・ミトボのトレーニング
  4. 小山田大、マッドロックからイボルブに移籍
  5. ブロッキング機能のあるビレイデバイス
  6. 摩耗したカラビナの危険性
  7. 兜山ロッククライミング自粛のお願い
  8. (追記)マムートの新ハーネス
  9. アダム・オンドラ、5.15cの新ルートを開拓・初登
  10. 尾川智子、世界初のV14を登った女性に
  11. 『黒部 厳冬の十六日間』 - 佐藤裕介スライドショー
  12. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  13. ダニエル・ウッズ インタビュー(2012の目標)
  14. 安間佐千、La Rambla(9a+/5.15a)を第9登
  15. 最近のフリーの記録 - 2012/6/26
  16. 2012年のクライミング
  17. 重い人をビレイする方法
  18. 小山田大、Story of two worlds完登
  19. ヨセミテでハンタウイルスで2名死亡
  20. パトリック・エトランジェ、亡くなる

2011年の人気記事Top20

  1. (追記)アディダスが5.10を$2500万で買収
  2. 鳳来・鬼石「卒業」での事故報告
  3. 第一回ボルダリング日本代表強化合宿
  4. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  5. 小山田大、笠置のプロジェクトを完登「常世」
  6. 女性用クライミングシューズレビュー
  7. チョークバッグのFINGER JOINT
  8. 尾崎隆さん、エベレスト頂上付近で死亡
  9. CCHエイリアン、秋からFixeより再販
  10. 谷口ケイ&平出和也ペア、ナムナニ峰登頂
  11. 安間佐千、Pachamama(5.15a)を第2登
  12. ストーブ
  13. 『ユージの部屋』 第1回・小山田大
  14. アダム・オンドラ、V16課題を初登
  15. ギガT&トロT
  16. ボルダリングワールドカップ観戦メモ
  17. 『チャレンジ!ホビー 壁に挑め! ボルダリング入門』
  18. Giri-Giri Boys、Daddomain東壁初登
  19. アダム・オンドラ、V16課題を第2登
  20. JFA2011日本選手権"マムートカップ"