クライミング ニュース サイト

東京五輪・スポーツクライミング女子金メダルはヤンヤ・ガンブレット、野中が銀、野口が銅メダル

カテゴリー: コンペ
東京五輪・スポーツクライミング女子の初代の金メダルは、スロベニアのヤンヤ・ガンブレット(22/Janja Garnbret) が取りました。野中生萌選手が銀メダル、野口啓代選手が銅メダルと日本人選手 2人もメダルを獲得しています。
女子決勝の見逃し配信は以下のリンクから観ることができます。
https://sports.nhk.or.jp/olympic/highlights/content/0bd82807-6e5a-47a9-9c95-33c2506daa71/
以下はハイライト動画
日本勢が銀・銅メダル獲得 スポーツクライミング女子複合ハイライト
https://gorin.jp/video/6266822856001/
前評判通り、ヤンヤがボルダー、リードで 1位を取り、優勝しました。結果だけ見ると圧倒的ではありますが、ヤンヤだけには限りませんが、オリンピックという舞台からくる緊張なのか、動きはやや硬めな印象がありました。
【総合順位】
スピード ボルダリング リード 総合ポイント
1 ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア) 5 1(2T3z) 1(37+) 5
2 野中生萌 3 3(0T2z) 5(21) 45
3 野口啓代 4 4(0T2z) 4(29+) 64
4 アレクサンドラ・ミロスラフ(ポーランド) 1 8(0T0z) 8(9+) 64
5 ブルック・ラバトゥ(アメリカ) 7 2(0T3z) 6(20+) 84
6 アヌーク・ジョベール(フランス) 2 6(0T0z) 7(13+) 84
7 ジェシカ・ピルツ(オーストリア) 6 5(0T2z) 3(34+) 90
8 ソ・チェヒョン(韓国) 8 7(0T0z) 2(35+) 112
【スピード】
男子同様、女子でもスピード専門の選手、ポーランドのアレクサンドラ・ミロスラフ、フランスのアヌーク・ジョベールの 2名が決勝に残りました。

野口、野中選手はトーナメント初戦ではスピード選手とは当たらなかったため、初戦は切り抜け、次戦で彼女たちに破れ、3位、4位決定戦で日本人対決となり、野中選手が 3位、野口選手が 4位となりました。ヤンヤは 5位でした。
トーナメント戦決勝で、スピード専門のアレクサンドラが 6.84秒という女子スピードの世界記録を出しています。
スピード順位
1 アレクサンドラ・ミロスラフ(ポーランド)
2 アヌーク・ジョベール(フランス)
3 野中生萌
4 野口啓代
5 ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)
6 ジェシカ・ピルツ(オーストリア)
7 ブルック・ラバトゥ(アメリカ)
8 ソ・チェヒョン(韓国)
【ボルダー】
ボルダーはヤンヤが圧巻でした。第 1、第 2課題を完登できたのはヤンヤのみで、第 3課題に関してはヤンヤすらも完登できませんでした。第 2課題、ブルックは時間との戦いで、ゴール取りで落ちてしまい、惜しくも完登はできませんでしたが、ヤンヤ以外では唯一の 3ゾーン獲得で 2位、トライ数の差で野中選手が 3位、野口選手が 4位でボルダーを終えました。

男子同様、かなり難しめの設定でした。3課題目の出だしのクラックの処理は、選手それぞれが違ったムーブでこなしており、完登者はいませんでしたが、見ごたえがありました。
スピード、ボルダーまでの順位
スピード ボルダリング ポイント
1 ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア) 5 1(2T3z) 5
2 アレクサンドラ・ミロスラフ(ポーランド) 1 8(0T0z) 8
3 野中生萌 3 3(0T2z) 9
4 アヌーク・ジョベール(フランス) 2 6(0T0z) 12
5 ブルック・ラバトゥ(アメリカ) 7 2(0T3z) 14
6 野口啓代 4 4(0T2z) 16
7 ジェシカ・ピルツ(オーストリア) 6 5(0T2z) 30
8 ソ・チェヒョン(韓国) 8 7(0T0z) 56
【リード】
フラットな側面を使うボリューム群から始まり、甘いポケット地帯を抜け、パーミングで抑えるパワフルなボリュームを経て、最後の細かいセクションに入るルート。

ブルックが中間に入るポケット(21) で落ちてしまい、これが野口選手の追い風となり、野口選手は 29+ まで高度を伸ばしました。

ヤンヤはパワフルな登りで 37+ まで高度を伸ばし、ほぼ金メダルを確定しました。

リード最後の選手、ソがスタートする時点で、ヤンヤの金と野中選手の銀は確定しており、ソがヤンヤを超えれば、ソが最下位からの銅メダル、ソが 2位か4位以下なら野口選手が銅メダルという、見てる人にはハラハラする展開。

結果的にはソは 35+ のリード 2位となり、野口選手が銅メダルとなりました。
ボルダリングとリードで 1位を獲得したヤンヤがダントツの 1位(5ポイント)、野中選手が 3位、3位、5位の 45ポイントで 2位、野口選手が全て 4位の 64ポイントで 3位でした。

アレクサンドラも 1位、8位、8位の 64ポイントで、野口選手と同ポイントでしたが、ボルダリングとリードの順位が上だったことより、野口選手が 3位となりました。
優勝したヤンヤのコメント
言葉にできないくらい幸せで、夢が叶ったような気分です。たぶん 6年以上前にインスタで、『東京で会いましょう!』と書いたので、夢が叶いました。
銀・銅ダブルメダル獲得の日本勢 クライミング表彰式&インタビュー
https://gorin.jp/video/6266826730001/

その他

月別過去ログ


年間人気記事

2012年の人気記事Top20

  1. 田嶋あいか、瑞貴姉弟が鳳来で成果
  2. 残置カラビナでロープが切れ、男性が墜死
  3. マグナス・ミトボのトレーニング
  4. 小山田大、マッドロックからイボルブに移籍
  5. ブロッキング機能のあるビレイデバイス
  6. 摩耗したカラビナの危険性
  7. 兜山ロッククライミング自粛のお願い
  8. (追記)マムートの新ハーネス
  9. アダム・オンドラ、5.15cの新ルートを開拓・初登
  10. 尾川智子、世界初のV14を登った女性に
  11. 『黒部 厳冬の十六日間』 - 佐藤裕介スライドショー
  12. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  13. ダニエル・ウッズ インタビュー(2012の目標)
  14. 安間佐千、La Rambla(9a+/5.15a)を第9登
  15. 最近のフリーの記録 - 2012/6/26
  16. 2012年のクライミング
  17. 重い人をビレイする方法
  18. 小山田大、Story of two worlds完登
  19. ヨセミテでハンタウイルスで2名死亡
  20. パトリック・エトランジェ、亡くなる

2011年の人気記事Top20

  1. (追記)アディダスが5.10を$2500万で買収
  2. 鳳来・鬼石「卒業」での事故報告
  3. 第一回ボルダリング日本代表強化合宿
  4. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  5. 小山田大、笠置のプロジェクトを完登「常世」
  6. 女性用クライミングシューズレビュー
  7. チョークバッグのFINGER JOINT
  8. 尾崎隆さん、エベレスト頂上付近で死亡
  9. CCHエイリアン、秋からFixeより再販
  10. 谷口ケイ&平出和也ペア、ナムナニ峰登頂
  11. 安間佐千、Pachamama(5.15a)を第2登
  12. ストーブ
  13. 『ユージの部屋』 第1回・小山田大
  14. アダム・オンドラ、V16課題を初登
  15. ギガT&トロT
  16. ボルダリングワールドカップ観戦メモ
  17. 『チャレンジ!ホビー 壁に挑め! ボルダリング入門』
  18. Giri-Giri Boys、Daddomain東壁初登
  19. アダム・オンドラ、V16課題を第2登
  20. JFA2011日本選手権"マムートカップ"