クライミング ニュース サイト

アダム・オンドラの東京五輪のコメント

カテゴリー: コンペ
download.jpg
Photo by Louder than 11
東京五輪に出場したものの、結果として 6位に終わったチェコのアダム・オンドラ(Adam Ondra) のコメント超訳。結果としては残念だったものの、スピードで 6.86秒という個人記録を出せたことが嬉しかったようです。リードで 1位となっていれば金メダルでした。

- 東京五輪の体験で、一番記憶に残っているものは何ですか?

一番記憶に残っているものは失望感です。これまで以上に頑張り、多くのことを犠牲にしたのに、メダルを取れずに手ぶらで帰ってくるのは、つらいことです。一方で、ベストを尽くし、良い成績を残せば、いつも気分は良いものです。この観点からすると、今回のボルダーと最後のリードでは、これ以上の結果は出せなかったと思います。

最も良かった経験として記憶に残っているのは、スピードのファイナルです。私は何ヶ月もの間、スピードに悩まされていました。ほとんど進歩がなく、スピードの壁を正しい方法で登ることができませんでした。スピードファイナルの最後の 2本では、スピードクライミング中に自分が浮いているように感じ、これは生まれて初めての感覚でした。楽に、「速く」、そしてとても簡単に登れたのです。私たちはいつも「スピードルートを 7秒台で登るのは、男性にとってリードで 8a(5.13b) を登るのと同じくらい大変だ」と冗談で言っていました。実際にその通りだと思います。そして私は、3年間練習しても 8aのスピードクライマーになれないことに気が狂いそうでした。スピードクライミングのキャリアの最後の 1本で「8a」を登れたので、辞めてもよいと思っています。しかし、正直なところ、このスピードの最後の登りでは、スピードクライミングは本当に楽しいものだと思いました。

adam2.png

- リードでヤコブ・シューベルトが登っているとき、金メダルを持っていた20秒ほどの間の気持ちはどうでしたか?

金メダルが取れるとは思っていませんでしたが、表彰台には上がれると思っていました。ルートがヤコブのスタイルにすごく合ってることは 100% 確信していました。ヤコブが私よりも下で落ちることはないと信じて疑いませんでしたが、私と同じムーブで落ち、タイムが早ければ私が勝っていた可能性もあると思っていました。しかし、ヤコブは落ちることなく、信じられないような持久力を発揮しました。このとき、ヤコブのほうが優れたクライマーであることを認めるのは、つらいけれど簡単なことでした。

メダルは取れなかったものの、チェコの地元では大歓迎を受けたようです。

その他

月別過去ログ


年間人気記事

2012年の人気記事Top20

  1. 田嶋あいか、瑞貴姉弟が鳳来で成果
  2. 残置カラビナでロープが切れ、男性が墜死
  3. マグナス・ミトボのトレーニング
  4. 小山田大、マッドロックからイボルブに移籍
  5. ブロッキング機能のあるビレイデバイス
  6. 摩耗したカラビナの危険性
  7. 兜山ロッククライミング自粛のお願い
  8. (追記)マムートの新ハーネス
  9. アダム・オンドラ、5.15cの新ルートを開拓・初登
  10. 尾川智子、世界初のV14を登った女性に
  11. 『黒部 厳冬の十六日間』 - 佐藤裕介スライドショー
  12. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  13. ダニエル・ウッズ インタビュー(2012の目標)
  14. 安間佐千、La Rambla(9a+/5.15a)を第9登
  15. 最近のフリーの記録 - 2012/6/26
  16. 2012年のクライミング
  17. 重い人をビレイする方法
  18. 小山田大、Story of two worlds完登
  19. ヨセミテでハンタウイルスで2名死亡
  20. パトリック・エトランジェ、亡くなる

2011年の人気記事Top20

  1. (追記)アディダスが5.10を$2500万で買収
  2. 鳳来・鬼石「卒業」での事故報告
  3. 第一回ボルダリング日本代表強化合宿
  4. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  5. 小山田大、笠置のプロジェクトを完登「常世」
  6. 女性用クライミングシューズレビュー
  7. チョークバッグのFINGER JOINT
  8. 尾崎隆さん、エベレスト頂上付近で死亡
  9. CCHエイリアン、秋からFixeより再販
  10. 谷口ケイ&平出和也ペア、ナムナニ峰登頂
  11. 安間佐千、Pachamama(5.15a)を第2登
  12. ストーブ
  13. 『ユージの部屋』 第1回・小山田大
  14. アダム・オンドラ、V16課題を初登
  15. ギガT&トロT
  16. ボルダリングワールドカップ観戦メモ
  17. 『チャレンジ!ホビー 壁に挑め! ボルダリング入門』
  18. Giri-Giri Boys、Daddomain東壁初登
  19. アダム・オンドラ、V16課題を第2登
  20. JFA2011日本選手権"マムートカップ"