クライミング ニュース サイト

メキシコのマウリシオ・ウエルタ、メキシコ人初のV15クライマーに

カテゴリー: フリー
Mauricio "Mau" Huerta: Mexico's First V15 Climber (Rock&Ice)
On the evening of March 15, Mauricio "Mau" Huerta became the first Mexican climber to send V15.

He reached the historic mark with the FA of Júpiter in Mineral del Chico, a national park located about two hours north of Mexico City. If the proposed grade sticks, it will be only the second V15 in the country after Daniel Woods' El Diablo, a jigsaw-shaped overhanging highball established in Peñoles in 2014.
メキシコのマウリシオ・ウエルタ(Mauricio Huerta/31) が、3/15 にメキシコ・チコ鉱山(Mineral del Chico) の Júpiter という課題を初登し、V15 としました。グレードが確定すれば、メキシコ 2本目の V15課題、かつメキシコ人として初めて V15課題を登ったクライマーとなります。
課題はメキシコの首都であるメキシコシティから北に 2時間ほど車で走った場所にあり、課題名通り・Jupiter(木星) という感じの高さ 8m の巨岩です。
MarcosFerro.jpg
マウリシオは 2017年からこの課題に取り組んでおり、今回の完登までに 40日近くかかっています。ムーブ自体は 2日で解決したそうですが、繋げるのに時間がかかっています。
マウリシオはこれまでにスイスの New Base Line(V14) を登っており、それよりも難しいことより、V15 を提唱しています。
メキシコ初の V15 課題は 2014年にアメリカのダニエル・ウッズ(Daniel Woods) がペニョーレス(Peñoles) で初登した El Diablo という課題になります。
以下はマウリシオへの簡単なインタビュー超訳。
- ジュピターについて教えてください。

スダフリカ地区(Sudáfrica sector) にある、高さ 8メートルくらいの巨大なボルダーの最高のラインの一つです。このエリアの開拓をしていたサンティアゴ・ロドリゲス(Santiago Rodriguez) らと一緒に登っていたディエゴ・モントゥル(Diego Montull) が掃除したラインで、小さなカチがずーっと続く課題です。

最高のコンディションを手に入れることが一番大変でした。登っていたのはほとんどが夜だったので、大きな明かりも必要でした。中間のムーブが、フリクションがないとまったく止められませんでした。

このボルダーが惑星のように見えるから、ジュピターと名付けています。私にとってはとても巨大に感じられます。
- グレードはどうやって決めたのですか?

2017年、最初にトライしたときは、グレードについては考えていませんでした。論理的に V14 はあると思っていましたが、当時は V13 までしか登っていませんでした。次のステップは V14 で、ジュピターはその可能性があると思っていました。

その後、2018年にスイスのマジックウッドに行き、多くの V14課題にトライを始めました。メキシコに戻ってきたとき、ジュピターはもっと難しいことに気づきました。はるかに難しかったです。たくさんトレーニングをし、最高のコンディションの中でトライしていましたが、登れませんでした。

ロシアのルスタン・ゲルマノフ(Rustam Gelmanov) は 2日間トライをして、非常に難しいと言っていました。他のクライマーがどう思っているのか、とても興味があります。
- V15 を登ったことは、あなたにとって、そしてメキシコのクライミングコミュニティにとって、どんな意味がありますか?

もちろん、私にとっては大きな意味があります。

なによりも、メキシコの次世代クライマーたちのために興奮しています。彼らがトライできる Vグレード 2桁台のボルダーがたくさんあるので。もしあなたがメキシコの若いクライマーで、最初の V11、V12、V13 にトライしたいと思っているなら、もう他の国に行く必要はありません。このエリア(ミネラル) にはいろいろな課題があります。

そして、コーチとして、またルートセッターとして、この経験をコミュニティに還元する責任を感じています。それはとても喜ばしいことです。

その他