クライミング ニュース サイト

レナ・マリー・ミュラー、オーストリアのトラッドルート・Prinzip Hoffnung(5.14R)を女性第4登

カテゴリー: フリー
Lena Marie Müller Sends Prinzip Hoffnung 5.14R Trad (Gripped)
German crusher Lena Marie Müller has climbed Prinzip Hoffnung 5.14R trad at Bürser Platte, Austria, first sent in 2009 by Beat Kammerlander.
ドイツのレナ・マリー・ミュラー(28/Lena Marie Müller) が、オーストリア・バーサープレート(Bürser Platte) の有名なトラッドルート・ Prinzip Hoffnung(5.14R) を完登しました。女性第 4登となります。スラブチックなフェイスルートで、細いクラック沿いに登るルートですが、ジャミングはほとんど使わないルートです。
このルートは元々はボルトルートでしたが、2009年にナチュプロのみで登れるということで、オーストリアのビート・カマランダー(Beat Kammerlander) がボルトを抜いて、ナチュプロのみで登り、その後はトラッドルートとして登られています。スポートルート → トラッドルートのはしりになったようなルートです。
グレードは 5.14a 前後ということですが、グラウンドフォールする可能性がある程にランナウトするため、Rグレードが付けられています。2014年にバーバラ・ザンガール(Barbara Zangerl) が女性として初登(通算第 3登) しています。
バーバラの完登動画。
レナはインスブルック大学で博士号まで取得している学生で、このルートには 6週間通ってトライを続けたそうです。これまでの最高グレードが 5.13c とのことで、かなりのグレードアップで、精神的にも強そうです。

その他