クライミング ニュース サイト

ポーランドのフィリップ・バビッチ、イタリアでD15+のドラツールート初登

カテゴリー: アルパイン
ポーランドのフィリップ・バビッチ(Filip Babicz) が、イタリア・アオスタ(Aosta) のグラン・ボルナ・ケイブ(Gran Borna Cave) で Ade Integrale というルートを初登しました。グレードは D15+ を提唱しています。完全な地下洞のようで、照明を使って登ったようです。
Ade Integrale は 70m にも及ぶ長大なルートで、既成ルートの Ade を延長したラインになります。フィリップは Ade(D14+) を 2018年に完登しており、そのときから今回のラインについては考えていたようで、2019年 11月 26日に、この洞窟の一番下部から奥へ登っていく Ade Integrale というラインを完成させました。
Dグレードの高難度課題は、カナダのゴードン・マッカーサー(Gordon McArthur) が、カナダのブリティッシュ・コロンビアで開拓した Storm Giant(D16) や、韓国のクォン・ヨンヘ(Kwon YoungHye) が、中国・武漢で開拓した Ascension、イギリスのトム・バラード(Tom Ballard) がイタリア・ドロミテで開拓した A Line Above the Sky(D15) があります。A Line Above the Sky はイタリアのアンジェリカ・ライナー(Angelika Rainer) など、数名がリピートしています。

その他