クライミング ニュース サイト

年末年始に見たい、Amazon Primeビデオで見られるクライミングの映像作品

カテゴリー: DVD・映画
mov.jpg
Netflix や Hulu、Amazon Prime など、値段も手頃でコンテンツも充実してきている各種動画配信サービスが隆盛になってきていますが、月額 500円と最も安い Amazon Primeビデオでも、クライミングに関する映像作品がいくつか登録されていますのでご紹介。年末年始のお時間があるときにでも是非。

Amazon.co.jp: プライム・ビデオ: Prime Video
freesolo.jpg フリーソロ
今年、日本でも劇場公開された話題作。アレックス・オノルド(Alex Honnold) が 2017年におこなった、ヨセミテ、エル・キャピタンの Freerider(5.12d / 37ピッチ / 970m) をフリーソロに密着したドキュメンタリー作品。結果がわかっていても怖い!!
アレックスはクリスマスに結婚を発表しました。
こちらは最新作品ということもあって、Amazon Prime に入っていても別途 300円~かかります。
wideboysII.jpg Wideboys II
2016年に、アメリカのユタ州にある、世界最難のワイドクラック・Century Crack(5.14b) を登って一躍有名になったイギリス のワイドボーイズこと、トム・ランドール(Tom Randoll) とピート・ウィタカー(Pete Whittaker) のペアが、カナダのコブラクラック(5.14b) にトライしたときの映像作品。きっちりトレーニングをして、ワイドだけではなく、あらゆるクラックでの強さを見せつけた作品。
autana.jpg Autana
イギリスのレオ・ホールディング(Leo Houlding)、ジェイソン・ピクルス(Jason Pickles)、アメリカのショーン・レアリー(Sean Leary) の 3人が、ベネズエラのテーブルマウンテンに新ルートを開拓したときの映像作品。南米のジャングルの中での泥臭いクライミングが展開されていますが、景観は絶景。レオは今年もこのエリアで新ルートを開拓しています。
ショーンは 2014年にベースジャンプの事故で亡くなっています。
03.jpg Western Gold
北アメリカ・西海岸のボルダリングエリアを紹介した作品。メインはワシントン州の レブンウォース(Leavenworth) とカナダのスコーミッシュ。登場するクライマーはローカルのクライマーが中心で、落ち着いた作品に仕上がっています。
odyssey.jpg Odyssey
イギリスのジェームズ・ピアソン((James Pearson) やヘイゼル・フィンドレイ(Hazel Findlay)、ハンスイェルク・アウアー(Hansjörg Auer) など 4名のクライマーがクラシックから新ルートまで、様々な UKトラッドの課題を登る作品。特にヘイゼルの強さが際立ちます。ハンスは今年の 4月に、カナダで雪崩に遭い、亡くなっています。
meru.jpg MERU
アメリカのコンラッド・アンカー(Conrad Anker)、ジミー・チン(Jimmy Chin)、レナン・オズターク(Renan Ozturk) のトリオが、メルー中央峰の北東壁(Shark's Fin/6310m) に、2011年 10月に新ルートから登頂した時の壮絶なダイジェスト。コンラッドにとっては 3度目のトライでの完登でした。
81GkeNrD65L._SX300_.jpg クライマー パタゴニアの彼方へ
2012年にパタゴニア・セロ・トーレのコンプレッサールートを初めてオールフリーで登ったオーストリアのダーフィット・ラマ(David Lama) を追いかけた映像作品。フィックスロープなどの問題もありつつ、ダーフィットにとっては 3年目のトライでの完登でした。彼は今年の 4月にカナダで雪崩に遭い亡くなっています。
81gT3tVaqlL._SX300_.jpg Distilled
スコットランド・ベンネビスでの冬季登攀を扱った作品。やや懐古的な作品で、淡々とした作りになっています。
ann.jpg アンナプルナ南壁 7400mの男たち
2008年にアンナプルナ南壁からの登頂にトライし、天候悪化によって 7800m 付近で遭難死した、スペインのイナキ・オチョア(Iñaki Ochoa) のドキュメンタリー。このとき救助に向かったスイスのウエリ・シュテック(Ueli Steck) らの懸命な救助の様子が描かれています。この作品は有料で別途 300円~かかります。
solo2.jpg Solo - Climbing to Live
スペインのフリーソロクライマー、ジョルディ・サラス(Jordi Salas) に焦点を当てた映像作品。なぜフリーソロをするのかについて、印象的にコメントしています。クリス・シャーマ(Chris Sharma) との雑談でも明らかになっていきます。全編スペイン語ですが、英語字幕があるので、何とかわかります。
91R2qDQ5DML._SX300_.jpg クレイジー・フォー・マウンテン
登山の歴史を追っていく映像作品。なぜ人は山に登るのか、なぜどんどん過激な方に向かっていくのかを、クライミングや登山の現状を紹介しながら進んでいく。クライマーではアレックス・オノルドとレナン・オズタークが出演している。かなりゆったりした構成で映像も綺麗。この作品は有料で別途 400円~かかります。

最初に紹介したのはクライミングの映像作品、ノンフィクション、ドキュメンタリーでしたが、ここからはフィクション系の映画になります。映画はクライミングというよりは登山中心の物が多いです。

81uryvaKLHL._SX300_.jpg クリフハンガー
娯楽的なクライミング映画の代名詞といえばクリフハンガー、と言われるほど印象に残る映画。1993年に公開の映画なので、10代~20代の人には ? かもしれないが、主演のシルベスター・スタローンのスタントをウォルフガング・ギュリッヒ(Wolfgang Güllich) がやり、映画が完成する前に交通事故で亡くなっていることでも有名。
vertical.jpg バーティカル・リミット
『クリフハンガー』と人気を二分するクライミング映画。クリフハンガー以上にクライミング映像が多く、突っ込みながら見ると楽しめる。特に話題にもなったクリフジャンプは必見。こちらは有料で 199円~。
everest.jpg ヒマラヤ ~地上8,000メートルの絆~
実在する 8000m 14座登頂をしている韓国の登山家・厳弘吉(オム・ホンギル) のエベレスト遠征の遭難話をベースにした映画。韓国映画独特のちょっと大げさなシーンも多いけど、ストーリーが良くできているので引き込まれてしまう映画。
81dOJxRYLaL._SX300_.jpg 劔岳 点の記
新田次郎の『劔岳 点の記』を映画化した作品。明治時代、劔岳山頂に三角点を設置するために当時の測量部の葛藤を描いた映画で、内容も素晴らしいし、剣岳周辺の雄大な映像も見どころ。
818zjvkLWOL._SX300_.jpg 岳 -ガク-
日本で山岳映画といえばこれ。人気漫画の『岳』を映画化した作品でいまだに根強い人気を持っている。映画には平山ユージさんもちらっと出演しています。こちらは有料で 300円~。
814Lr77mAoL._SX300_.jpg 笠置Rock!
大場美和さんが主演したことでも話題になった、京都の笠置町の PR 映画。ロックだ!

その他