クライミング ニュース サイト

ベルギーのセブ・バース、エル・キャプ、ノーズをオールフリーで第7登

カテゴリー: フリー
ベルギーのセブ・バース(Seb Berthe) が 8日間を要して、ヨセミテ・エル・キャピタンのノーズ(Nose/5.14a/31ピッチ) をオールフリーで第 7登しました。ロイック・デブリー(Loic Debry) をパートナーに、5.12a未満のピッチはツルベで登り、それ以外の高難度のピッチはセブがリードしています。
最大の核心である Great Roof(5.13c) と Changing Corner(5.14a) はあらかじめナチュプロをセットした状態で完登するピンクポイントで登っています。
セブは、グラウンドアップでトライを開始し、2日目には 22ピッチ目の Great Roof に達し、3日目に 3トライで完登しています。Changing Corner には 3日かかり、当初の予定であった 6日よりも 2日多い、8日間で完登しています。
セブはこれまでにエル・キャピタンの Freerider(5.12d) と Heart Route(5.13b) をオールフリーで登っています。
ノーズは 1993年にアメリカのリン・ヒル(Lynn Hill) によってオールフリーで初登され、その後、2005年にベス・ロデンとトミー・カルドウェルのペアがチームフリーで完登、トミーは 2006年に全ピッチをワンプッシュでオールフリーで登り直しています。
2014年にオランダのヨルグ・バーホーベン(Jorg Verhoeven) が第 4登、2018年に倉上慶太さんがロープソロで第 5登、同年、15歳のアメリカのコーナー・ヘーソン(Conner Herson) が第 6登しています。

その他