クライミング ニュース サイト

アメリカ最東端にある、かつてのアメリカ最難ルートの再登動画

カテゴリー: 動画
アメリカのマイケル・ラーソン(Michael Larson) とジェイ・コンウェイ(Jay Conway) が、アメリカ最東端の街・ルーベック(Lubec) にある Maniac(5.13d) を登った時の動画。
このルートが登られたのは 1984年、アメリカのダン・グッドウィン(Dan Goodwin) によってで、発表された当時は 5.13d/14a とアメリカ最難のグレードがついていました。アメリカ最初の 5.14a ルート、 スミスロックの To Bolt or Not to Be が登られたのは 1986年です。
ただ、場所が非常に辺鄙な場所で、ルートの場所もわかりにくく、他にはまったくルートがないため、再登者は全くおらず、グレードも確認されていませんでした。
2011年にアレックス・オノルド(Alex Honnold) とヘイゼル・フィンドレイ(Hazel Findlay) が再登して少し有名になったものの、今回再登したマイケルとジェイを含めてもまだ 6人しか登っていません。

その他