クライミング ニュース サイト

ブラッド・ゴブライト、メキシコのエル・ポトレロ・チコで懸垂下降のミスで亡くなる

カテゴリー: その他
Brad Gobright Dies in Accident in El Potrero Chico, Mexico(Rock&Ice)
Brad Gobright, one of the most accomplished free solo climbers in the world, died today, Wednesday, November 27, in an accident in El Potrero Chico, Mexico. He was 31, and raised in Orange County, CA.
アメリカのブラッド・ゴブライト(31 / Brad Gobright) がメキシコのエル・ポトレロ・チコ(El Potrero Chico) の壁で、同時懸垂での下降中にロープ末端からのスッポ抜けで墜死しました。ヨセミテ、エル・キャピタンなどのビッグウォールで活躍しているクライマーでした。
ブラッドは Jungle Wall にある Yankee Clipper(15ピッチ/5.12a) というルートをフリーソロした後、アイデン・ヤコブソン(Aiden Jacobson) と共に、El Sendero Luminoso という有名ルートを同時懸垂で下降していました。
彼らは 80m ロープを使っていたそうで、今回の事故はロープの末端を結んでいなかったことによる、下降器からのすっぽ抜けのようです。同時にロープの反対側で懸垂していたアイデンは無事だったようです。
パタゴニアでの佐藤裕介、横山勝丘ペアの事故も同時懸垂でのスッポ抜けでした。
ブラッドはエル・キャピタンにある Salathé(35ピッチ/5.13b) や El Corazon(35ピッチ/5.13b)、Muir Wall(33ピッチ/5.13c) などをオールフリーで登っています。
特にスピードクライミングで有名で、2017年にはジム・レイノルズ(Jim Reynolds) と組んで当時のノーズのスピード記録(2時間19分44秒)を出しています。また、エル・キャピタンにある 3本のルート(Zodiac・Nose・Lurking Fear) を 23時間10分で継続登攀しています。

その他