クライミング ニュース サイト

アレックス・メゴスのPerfecto Mundo(5.15c)完登までを描いた映像作品『ROTPUNKT』

カテゴリー: 動画
ドイツのアレックス・メゴス(Alex Megos) がスペイン・マルガレフのプロジェクトだったライン・Perfecto Mundo(5.15c) を初登するまでの映像作品『ROTPUNKT』が公開されました。50分を超える長編です。
"ROTPUNKT" とはドイツ語で、英語の Redpoint に当たる単語です。アレックスのクライミングの半生を追いかけており、必然的にドイツのクライミングの歴史をトレースする形の映像になっており、レッドポイントを提唱したクルト・アルベルト(Kurt Albert) やウルフガング・ギュリッヒ(Wolfgang Gullich) の映像もふんだんに使われています。
冒頭ではカリフォルニア・クラークマウンテンの Jumbo Love(5.15b) のトライシーン、アレックスのトレーニングシーンも多く、充実した内容の作品です。
Perfect Mundo は、クリス・シャーマ(Chris Sharma) がボルトを打ったラインで、映像の中でもアレックス、クリス、イタリアのステファノ・ギゾルフィ(Stefano Ghisolfi) による初登争いは見ものです。
最終的には 2018年 5月にアレックスが初登し、12月にステファノが第 2登、先日、ヤコブ・シューベルト(Jakob Schubert) が第 3登しました。

その他