クライミング ニュース サイト

石井秀佳(13)、白道(五段+/V15)を最年少で完登

カテゴリー: 国内
石井秀佳、白道 五段+/V15に成功! (Climbing-net)
5月3日、石井秀佳(みしか、13)が鳳来・岩小屋ボルダーの白道(五段+/V15)を登った。小山田大、長尾基史、村井隆一(本年4月7日)に続く第4登。世界的には白石阿島、カッディー・レーマンに続く女性3人目のV15、世界最年少での成功である。
石井秀佳(13)さんが、鳳来・岩小屋ボルダーの白道(五段+/V15) を 5/3 に完登しました。13歳での V15 の完登は世界最年少記録となります。石井さんは昨年 2月に、同ボルダーの "初/二段" から "白道" の後半に抜けるバチュラレット(四段+/V13) を登っていました。
この課題は 2003年に小山田大さんが初登した課題で、手数では 22ムーブと長めの課題。前半の V13 パートと、最後の 1本指ポケットからの V12 のランジが入る、ストレニュアスながらもダイナミックなムーブもある、総合力が問われる課題です。
白道はかつて来日したフレッド・ルーラン(Fred Rouhling) がトライしており、スイスの有名課題・Dreamtime(V15) よりも難しいとコメントしており、V16 もあるのではと言われています。(Rock&Snow 23 参照)
第 2登は 2015年の長尾基史さんで、12年間再登者が出ていませんでした。今年の 4月には村井隆一さんが第 3登しており、石井さんが第 4登になります。
長尾さんの第 2登動画

白道 鳳来 5段
石井さんはこれまでに恵那の入滅(五段/V14) をはじめ、3本の V13課題(バチュラレット、瑞牆の夜叉、小川山の伴奏者) を登っています。

V15 を登っている女性はこれまでに 2人おり、2016年に比叡のホライゾン、オーストラリア・グランピアンズで Sleepy Rave を登ったアシマ・シライシ(Ashima Shiraishi/白石阿島) と、2018年にスイス・バーゼル郊外の岩場で Kryptos を登ったドイツのカッディ・レーマン(Kaddi Lehmann) の 2人です。
アシマさんが 2016年にホライゾンを登ったときは 14歳でしたので、今回の石井さんが最年少となります。

その他

最新の記事

月別過去ログ


年間人気記事

2012年の人気記事Top20

  1. 田嶋あいか、瑞貴姉弟が鳳来で成果
  2. 残置カラビナでロープが切れ、男性が墜死
  3. マグナス・ミトボのトレーニング
  4. 小山田大、マッドロックからイボルブに移籍
  5. ブロッキング機能のあるビレイデバイス
  6. 摩耗したカラビナの危険性
  7. 兜山ロッククライミング自粛のお願い
  8. (追記)マムートの新ハーネス
  9. アダム・オンドラ、5.15cの新ルートを開拓・初登
  10. 尾川智子、世界初のV14を登った女性に
  11. 『黒部 厳冬の十六日間』 - 佐藤裕介スライドショー
  12. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  13. ダニエル・ウッズ インタビュー(2012の目標)
  14. 安間佐千、La Rambla(9a+/5.15a)を第9登
  15. 最近のフリーの記録 - 2012/6/26
  16. 2012年のクライミング
  17. 重い人をビレイする方法
  18. 小山田大、Story of two worlds完登
  19. ヨセミテでハンタウイルスで2名死亡
  20. パトリック・エトランジェ、亡くなる

2011年の人気記事Top20

  1. (追記)アディダスが5.10を$2500万で買収
  2. 鳳来・鬼石「卒業」での事故報告
  3. 第一回ボルダリング日本代表強化合宿
  4. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  5. 小山田大、笠置のプロジェクトを完登「常世」
  6. 女性用クライミングシューズレビュー
  7. チョークバッグのFINGER JOINT
  8. 尾崎隆さん、エベレスト頂上付近で死亡
  9. CCHエイリアン、秋からFixeより再販
  10. 谷口ケイ&平出和也ペア、ナムナニ峰登頂
  11. 安間佐千、Pachamama(5.15a)を第2登
  12. ストーブ
  13. 『ユージの部屋』 第1回・小山田大
  14. アダム・オンドラ、V16課題を初登
  15. ギガT&トロT
  16. ボルダリングワールドカップ観戦メモ
  17. 『チャレンジ!ホビー 壁に挑め! ボルダリング入門』
  18. Giri-Giri Boys、Daddomain東壁初登
  19. アダム・オンドラ、V16課題を第2登
  20. JFA2011日本選手権"マムートカップ"