クライミング ニュース サイト

オーストラリア・グランピアンズの一部エリアでのクライミングが禁止に

カテゴリー: その他
grampians-np-focus-area-final-map-714x1024.jpg Grampians Access: New Maps from Parks Victoria (Vertical Life)
Yesterday afternoon Parks Victoria (PV) released maps (see at bottom) showing the full extent of new Special Protection Areas (SPAs) in the Grampians National Park/Gariwerd. The newly outlined areas, combined with the already identified areas in the Victoria Range, are extensive and cover many of the best and most popular climbing areas in the Park.
オーストラリアの有名なクライミングエリア・グランピアンズの一部エリアでクライミングが禁止となりました。禁止されたエリアは 8つで The Gallery、Gondwanalandm Millenium、Billywing Buttress Billimina Area、Little Hands Cave、Cave of Man Hands、Manja Area です。禁止エリアは Special Protection Areas (SPAs) に指定され、禁止理由としては環境の保護とオーストラリアの原住民・アボリジニーの壁画や遺跡の保護が挙げられています。
昨年の 11月ころから話が出始め、今年の 3月になり、Parks Victoria というオーストラリアのグランピアンズ一帯を管理している官庁から案内が出ています。今後はエリアに看板等の案内が立つそうです。
グランピアンズは国有地と私有地がミックスしたエリアで、過去にもクライマーのマナーの悪さから登攀禁止になったエリアもあります。今後も同様の理由で禁止エリアが増える可能性もあるとのことで、地元のクライミングサークルが Parks Victoria と交渉中のようです。