クライミング ニュース サイト

ダニー・パーカー、世界最難のオフィズス・Century Crack(5.14b)を第3登

カテゴリー: フリー
Third Send of Century Crack 5.14b by Danny Parker (Gripped)
Danny Parker has made the third ascent of the offwidth called Century Crack 5.14b in Utah.
アメリカのダニー・パーカー(Danny Parker) が、ユタ州にある世界最難のオフィズス・Century Crack(5.14b) を第 3登しました。詳細は不明ですが、ダニーはもともとはボルダラーで、Century Crack が初登されたニュースに衝撃を受けてワイドクラックを中心に登るようになったそうです。
このクラックは 2001年、地元のクラッククライマー、クラッシャー・バートレット(Crusher Bartlett) によって発見され、当初はソロエイドで登られ、 Chocolate Starfish( A1) というルート名がつけられていました。
その後、イギリスのスティービー・ハストン(Stevie Haston) がフリー化のトライを始め、Century Project としていたものを、2011年にイギリスのワイドボーイズの 2人、トム・ランドール(Tom Randall) と ピート・ウィタカー(Pete Whittaker) がピンクポイントで登り、翌年レッドポイントしています。


関連リンク

その他