クライミング ニュース サイト

ハンス・フローリン、エル・キャピタン、ノーズでフォールして両足骨折

カテゴリー: その他

Hans Florineさん(@hansflorine)がシェアした投稿 -

Hans Florine Breaks Both Legs in Fall on El Capitan, Rescued by YOSAR (Rock&Ice)
On Thursday, May 3, 2018, Hans Florine was climbing the Nose on El Capitan with his partner, Abe Shreve. The pair had started up the Big Stone around 6:00 am with the goal of climbing the near-3,000-foot route in a day.
5/3、アメリカのハンス・フローリン(Hans Florine) が、ヨセミテ、エル・キャピタンのノーズを登攀中に、ナッツが外れてフォールし、両足を粉砕骨折しました。ハンスはノーズを 109回も登っており、世界で一番このルートを登っているクライマーです。
ハンスは 5/3、 アベ・シュリーブ(Abe Shreve) をパートナーに 6:00 に取り付きをスタートし、13:40 に 24ピッチ目のパンケーキ・フレーク(Pancake Flake) に入ります。2人は同時登攀、ショートフィックスで登っており、この時はハンスが先頭で登っており、セカンドのアベは 23ピッチ目のグレートルーフを登っているところでした。
人工登攀で登っていたハンスは、パンケーキ・フレークのフレア気味のクラックにナッツをはめ、テストをしたあと、テンションを掛けたところ、ナッツが外れ、5m 下のトライアングル・レッジ(Triangle Ledge) に落ち、バウンドしてさらに 2m 落ちています。
ハンスは意識がはっきりしていたため、すぐにヨセミテのレスキューチームに電話をしてレスキュー依頼をしています。また、その時、ノーズを登っていたアレックス・オノルド(Alex Honnold) にも連絡を入れ、レスキューを依頼しています。
その日は風が強く、ヘリでのピックアップができなかったため、ヨセミテのレスキューチームはエル・キャピタンの上から懸垂下降で現場まで降り、アレックスも手伝い、19:00 にはエル・キャピタンの頂上まで引き上げています。
最終的にはエル・キャピタンの頂上大地で夜を過ごし、翌朝 7時にヘリによってピックアップされています。
ハンスは平山ユージさんやアレックス・オノルドらと組んで、ノーズのスピードクライミングの記録をいくつも出してるクライマーです。

その他