クライミング ニュース サイト

イギリスのレオ・ホールディング、南極のスペクトラ峰に第2登

カテゴリー: アルパイン
download.jpg
Adventure and alpinism in the Antarctic: Spectre climbed by Leo Houlding, Jean Burgun and Mark Sedon(Planet Mountain)
Alpinism and exploration in Antarctica: Leo Houlding, Jean Burgun and Mark Sedon have climbed the 1263 m high Spectre peak on the continent's Gothic Mountains.
イギリスのレオ・ホールディング(Leo Houlding)、フランスのジャン・ブルガン(Jean Burgun)、ニュージーランドのマーク・セドン(Mark Sedon) の 3名が、南極大陸の中心にあるゴシック山塊(Gothic Mountains) のスペクトラ峰(Spectre peak) を第 2登しました。
スペクトラ峰(2020m) は南極点近くのオルガン・パイプ・ピークス(Organ Pipe Peaks) の中心にある岩峰で、今回、彼らは南側の新ルートからトライする予定でしたが、状態が悪かったことより、北側の初登ルートから登っています。
ベースを 12/7 の 10時に出発し、500m の壁を登って真夜中に山頂に到達、その後、5時間かけて下降し、ベースキャンプに戻っています。
スペクトラ峰の初登は 1980年のアメリカのマグス&エドモンド・スタンプ(Mugs and Edmund Stump) によるもので、場所的・環境的に、長い間、第 2登がいませんでした。
レオ達はさらにオルガン・パイプ・ピークスの稜線を縦走する予定でしたが、天候が悪化したことより断念しています。
この後、彼らは 1700km 近くある距離を、カイトスキーで南極横断をするそうです。
また、現在の南極にはアメリカのコンラッド・アンカー(Conrad Anker) やジミー・チン(Jimmy Chin)、アレックス・オノルド(Alex Honnold) といったノースフェイスチームも遠征中です。
関連リンク

年間人気記事

2012年の人気記事Top20

  1. 田嶋あいか、瑞貴姉弟が鳳来で成果
  2. 残置カラビナでロープが切れ、男性が墜死
  3. マグナス・ミトボのトレーニング
  4. 小山田大、マッドロックからイボルブに移籍
  5. ブロッキング機能のあるビレイデバイス
  6. 摩耗したカラビナの危険性
  7. 兜山ロッククライミング自粛のお願い
  8. (追記)マムートの新ハーネス
  9. アダム・オンドラ、5.15cの新ルートを開拓・初登
  10. 尾川智子、世界初のV14を登った女性に
  11. 『黒部 厳冬の十六日間』 - 佐藤裕介スライドショー
  12. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  13. ダニエル・ウッズ インタビュー(2012の目標)
  14. 安間佐千、La Rambla(9a+/5.15a)を第9登
  15. 最近のフリーの記録 - 2012/6/26
  16. 2012年のクライミング
  17. 重い人をビレイする方法
  18. 小山田大、Story of two worlds完登
  19. ヨセミテでハンタウイルスで2名死亡
  20. パトリック・エトランジェ、亡くなる

2011年の人気記事Top20

  1. (追記)アディダスが5.10を$2500万で買収
  2. 鳳来・鬼石「卒業」での事故報告
  3. 第一回ボルダリング日本代表強化合宿
  4. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  5. 小山田大、笠置のプロジェクトを完登「常世」
  6. 女性用クライミングシューズレビュー
  7. チョークバッグのFINGER JOINT
  8. 尾崎隆さん、エベレスト頂上付近で死亡
  9. CCHエイリアン、秋からFixeより再販
  10. 谷口ケイ&平出和也ペア、ナムナニ峰登頂
  11. 安間佐千、Pachamama(5.15a)を第2登
  12. ストーブ
  13. 『ユージの部屋』 第1回・小山田大
  14. アダム・オンドラ、V16課題を初登
  15. ギガT&トロT
  16. ボルダリングワールドカップ観戦メモ
  17. 『チャレンジ!ホビー 壁に挑め! ボルダリング入門』
  18. Giri-Giri Boys、Daddomain東壁初登
  19. アダム・オンドラ、V16課題を第2登
  20. JFA2011日本選手権"マムートカップ"