クライミング ニュース サイト

2016年10月の記事 

gd.jpg ダニエル・ウッズが 9月に初登した、コロラド・RMNPの Chaos Canyon にある Creature from the Black Lagoon(V16) を、デイブ・グラハムが第 2登しました。ダニエルは初登までに 15日かかっていますが、デイブも一緒にトライしており、16日かかっています。
oa.jpg ヨセミテツアー中のアダム・オンドラが、エル・キャピタン、ノーズ(31ピッチ / 5.14a) のワンデイオールフリーを狙って、10/23 に父親をパートナーにトライしました。Great Roof と Changing Corner 以外はすべてオンサイトで抜けたものの、その 2ピッチはフリーでは抜けれず、エイド混じりで抜けています。
Z.jpg フィンランドのナーレ・フッカタイバルが地元フィンランドのラプヌールで、これまで "Lappnor Project" として 4年間に渡りトライしていた課題を初登し、Burden of Dreams としました。グレードは V17(9A) を提唱しています。
ys.jpg 白數裕大さんが、小川山の転がる大根(5.12c/初段) をボルダーとして、グラウンドアップで再登しました。ボルダーとしては室井登喜男さんに続いて第2登でしょうか。

大西良治、称名川本流を初の完全遡行

カテゴリー: 国内 
ro.jpg 大西良治さんが 10/7 〜 19 までの 13日をかけ、称名滝、下ノ廊下、中ノ廊下を単独ワンプッシュで初の完全遡行を達成しました。称名滝はオールフリーで 2日で登り、その後 2日間の雨天を停滞でやり過ごし、次の 6日間で下ノ廊下を初のワンプッシュで遡行、その後の 2日で中ノ廊下を抜けて室堂、最後に源流である浄土山に登っています。
Adam-Ondra-Dawn-Wall.jpg 1ヶ月半の滞在予定で、1周間前からヨセミテを訪れているアダム・オンドラが、世界最難のビッグウォールのフリールートである Dawn Wall(32ピッチ/5.14d) のトライを開始しました。初日は 10ピッチ目まで登り、ロープをフィックスしています。10ピッチ目までのグレードは 5.12b、5.13a、5.13c、5.12b、5.12d、5.13c、5.14a、5.13d、5.13c、5.14a です。
tr.jpg アメリカツアー中のワイドボーイズこと、イギリスのトム・ランドールとピート・ウィタカーが、ユタ州・ホワイトリムで 90m強(300フィート) のルーフクラックを初登しました。先日、初登した 55m のルーフクラック・Crown Of Thorns(5.14a) よりも長いクラックになります。
fn.jpg スイスのフレッド・ニコル(46) が、南アフリカ・ロックランズで Chakijana(V14/15) という課題を初登しました。今年の 3月にもロックランズを訪れており、その時からトライを始め、今回のツアー最終日に完登しています。ニコルは 46歳になりますが、まだまだ精力的に高難度課題を追求しています。
9k=.jpg スロベニアのイェルネイ・クルーダーが、スペイン・マヨルカ島の DWSルート・Pontax(8C/5.14b) を第 2登しました。初登は 2005年のクリス・シャーマによるもので、クリスが初登した世界最難の DWS ラインである Es Pontas(5.15a) とはランジ後のラインが違うとのことです。
rm.jpg 村井隆一さんが、瑞牆最難課題のアサギマダラ(五段+/V15) を 10月 15日に完登しました。第 7登になります。4手目のムーブの解決が鍵だったようです。

ニルス・ファブレのPart of the Art(8A+/V12)

カテゴリー: 動画