クライミング ニュース サイト

(PR)ヒローズアップ!クライミングクラブ 9月〜11月期のスクール生募集中

カテゴリー: PR
hiros_image1.jpg
ヒローズアップ!クライミングクラブはボルダリング・ルートクライミングの上達を目指す人のためのクラブです。都内数カ所のクライミングジムで定期的にレッスンを行っています。
アナタの今月の目標はなんですか?もしくは今シーズン、2016年の目標はありますか?なんだろう?と思った方は是非目標を設定してみてください。目標はコレ!と答えられる方、そのために何をすればいいか考えてみましょう。
思った通りに自分の体を動かして目標のルートを完登する、憧れのあの人みたいに登ってみたい。そうした思いを叶えるためには様々な観点からトレーニングを行う必要があります。プロのクライミング・ボルダリングインストラクターの指導のもと楽しみながらレベルアップを目指しましょう。
当クラブでは3つのポイントに重点を置いてレッスンを行っています。
hiros_image2.jpg
【その1 解決策を考えられる人になる】
登り方を指示されて右手はそこ、左手はあそこ、右足はそこ、と指示されなくては登れない、それではボルダリング・クライミングの楽しさは半減してしまいます。どうやったら登れるだろうか、自分の実力で足りない部分はどこか。逆に足りている部分はどこなのか。正解は一つじゃない、その人に合った登り方を見つけることが出来る。それがボルダリング・クライミングの大きな魅力の一つです。そうした自立したクライマーに育ってもらう事が当クラブの目標です。
hiros_image3.jpg
【その2 怪我を減らして継続的に楽しむ】
 ボルダリング・クライミングは非常に中毒性が高いスポーツです。ゴールを両手で持った時の気持ちよさを一度覚えたら何か他のことでそれを得る事は難しいですよね。そうして足繁くクライミングジムに通った結果、体が耐え切れなくなって怪我をしてしまった、関節に痛みがある。あなた自身、もしくは周りにそうした方はいませんか?  その時の自分のレベルに合わせて適切なペース、難易度で登る事で怪我をするリスクを減らす事が出来ます。スクール中に体のケアの方法や必要なストレッチ、登るペースについても指導します。大人にとって、最も成長を阻害する要因の一つである「怪我」を減らしてボルダリング・クライミングをより楽しみましょう。
hiros_image4.png
【その3 幅広いクライミングを楽しんで欲しい】
 ボルダリングをしたことはあるけれど、リードクライミングをしたことがない。リードクライミングはするけれど、普段ボルダリングはほとんどしない。ジムでは登ったことがあるけれど、屋外の岩場に登りに行ったことが無い。。。そんな人も多いかと思います。もちろん、どれ1つとっても大変楽しく一生をかけても味わい尽くせないほど。しかし、それだけでは勿体無い!めくるめくクライミングの世界があと一歩踏み出すだけでその目に飛び込んできます。
 山に、岩に、沢に。ルートにボルダリングに。さらにはアイスクライミングなんていう世界だってクライミングをやったことがあればすぐに楽しむことが出来ますよ。色々なクライミングを楽しむ事は必ず、他のクライミングにも良い影響があります。さぁ、一歩踏み出してみましょう!
■毎回のレッスンは定員6人までの少人数で行っています。内容は参加した方それぞれの力量に合わせて調整を行い、指導も個別に行っているのでプライベートレッスンと同じような感覚で受けていただくことが出来ます。
現在スクールはノーズ町田店(すずかけ台駅)、PUMP2川崎店(中野島)、ロックランズ(葛西)、エナジー浦和店(東浦和)、スポドリ!(水道橋)で行っています。
9月〜11月のレッスンスケジュールはコチラをご覧ください。
http://hirosup.hohta.com/page-4909/
ヒローズアップ!クライミングクラブ代表 太田裕樹(ヒロ)1981年11月17日生まれ
リード最高グレード:5.13d
ボルダリング最高グレード:二段
クライミングジム Krimp 元チーフ
2015年度国体山岳競技(リード・ボルダリング)東京都代表
2012年からリードクライミングの日本代表を目指して公式戦に参戦中
25歳を過ぎてから始めたクライミング、大人が成長するための方法を自分の体で実践してきたノウハウを活かした指導を行っています。
hirokiohta@gmail.com
http://hirosup.hohta.com/
https://www.facebook.com/hirosup/
【管理人体験談】
これまで、ルートクライミングを中心に活動してきたものの、ルートの途中にボルダリーなセクションがあるとまったく手が出ないことが多々あり、ボルダー力の必要性、ボルダー力をつけるトレーニングの必要性を強く感じていました。
このサイトでは、トレーニングに関する動画やインタビューの記事をこれまでに多数掲載してきました。しかしながら、それらはあくまでもトレーニング例の 1つであり、いざ自分用のトレーニングメニューを作ろうとしても、実際の回数や負荷、トレーニングの期間など、どんなメニューを作ればいいのか、個人で試行錯誤して考える必要がありました。
そんな折、旧知の友人である太田さんがクライミングのコーチを始めるとのことで、モノは試しで、自分にあったトレーニングメニューの考案をお願いしてみました。具体的には普段利用しているジムで現状の登りを見てもらい、そのジムでできるトレーニングメニューを考えてもらいました。月に一度のペースで、3ヶ月ほど見てもらい、その間は平均して週に 3回のペースでトレーニングを行いました。結果としては確実に登れるグレードが 1〜2級ほど上がったのと、併せて持久力もつきました。他にも登りに関して有用なアドバイスを多くいただき、非常に強くトレーニング効果を感じられました。
太田さんは安間佐千さんや野口啓代さん、楢崎智亜さんなどのコーチもされてる伊東秀和さんのコーチングを受けており、彼らともトレーニングをしているため、現代の最先端のトレーニング、ワールドカップで勝つためのトレーニングに触れているとも言えます。効率よくトレーニングをして、クライミングのグレードをまじめに上げたいと考えている方には、太田さんの講習会はオススメできます。

その他


年間人気記事

2012年の人気記事Top20

  1. 田嶋あいか、瑞貴姉弟が鳳来で成果
  2. 残置カラビナでロープが切れ、男性が墜死
  3. マグナス・ミトボのトレーニング
  4. 小山田大、マッドロックからイボルブに移籍
  5. ブロッキング機能のあるビレイデバイス
  6. 摩耗したカラビナの危険性
  7. 兜山ロッククライミング自粛のお願い
  8. (追記)マムートの新ハーネス
  9. アダム・オンドラ、5.15cの新ルートを開拓・初登
  10. 尾川智子、世界初のV14を登った女性に
  11. 『黒部 厳冬の十六日間』 - 佐藤裕介スライドショー
  12. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  13. ダニエル・ウッズ インタビュー(2012の目標)
  14. 安間佐千、La Rambla(9a+/5.15a)を第9登
  15. 最近のフリーの記録 - 2012/6/26
  16. 2012年のクライミング
  17. 重い人をビレイする方法
  18. 小山田大、Story of two worlds完登
  19. ヨセミテでハンタウイルスで2名死亡
  20. パトリック・エトランジェ、亡くなる

2011年の人気記事Top20

  1. (追記)アディダスが5.10を$2500万で買収
  2. 鳳来・鬼石「卒業」での事故報告
  3. 第一回ボルダリング日本代表強化合宿
  4. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  5. 小山田大、笠置のプロジェクトを完登「常世」
  6. 女性用クライミングシューズレビュー
  7. チョークバッグのFINGER JOINT
  8. 尾崎隆さん、エベレスト頂上付近で死亡
  9. CCHエイリアン、秋からFixeより再販
  10. 谷口ケイ&平出和也ペア、ナムナニ峰登頂
  11. 安間佐千、Pachamama(5.15a)を第2登
  12. ストーブ
  13. 『ユージの部屋』 第1回・小山田大
  14. アダム・オンドラ、V16課題を初登
  15. ギガT&トロT
  16. ボルダリングワールドカップ観戦メモ
  17. 『チャレンジ!ホビー 壁に挑め! ボルダリング入門』
  18. Giri-Giri Boys、Daddomain東壁初登
  19. アダム・オンドラ、V16課題を第2登
  20. JFA2011日本選手権"マムートカップ"