クライミング ニュース サイト

クライミングが2020年の東京五輪の追加種目にほぼ決定

カテゴリー: その他
emblem.jpg IOC EXECUTIVE BOARD SUPPORTS TOKYO 2020 PACKAGE OF NEW SPORTS FOR IOC SESSION (IOC)
THE EXECUTIVE BOARD (EB) OF THE INTERNATIONAL OLYMPIC COMMITTEE (IOC) TODAY SUPPORTED THE PROPOSAL TO ADD THE PACKAGE OF FIVE NEW SPORTS TO THE PROGRAMME OF THE OLYMPIC GAMES TOKYO 2020. IF APPROVED AT THE 129TH IOC SESSION IN RIO DE JANEIRO IN AUGUST, THE CHANGE WOULD BE THE MOST COMPREHENSIVE EVOLUTION OF THE OLYMPIC PROGRAMME IN MODERN HISTORY.

The five sports -- karate, skateboarding, sports climbing, surfing and baseball/softball -- offer a key focus on youth, which is at the heart of the Games vision for Tokyo 2020. They represent a combination of well-established and emerging sports with significant popularity in Japan and beyond. They include team sports and individual sports; indoor sports and outdoor sports; and 'urban' sports with a strong appeal to youth.
国際オリンピック委員会は、6/1 にスイスのローザンヌで行われた理事会で、2020年東京五輪の追加種目として、スポートクライミングを含む 5競技 18種目を、8月にリオデジャネイロで行われる総会に一括提案することを決めました。これにより、東京オリンピックの追加種目として、クライミングがほぼ決定となりました。
男女とも 20名ずつが選手として参加し、リード、ボルダー、スピードの総合競技として行われるようです。
ただ、この追加種目は東京オリンピックのみの追加競技となり、今後の夏季オリンピックではまだ不明な状況です。ちなみに、他の追加種目は空手、ソフトボール・野球、スケートボード、サーフィンとなっています。

その他