クライミング ニュース サイト

アレックス・オノルドのこれまでを綴った自叙伝『ALONE ON THE WALL』

カテゴリー: 本・雑誌
(2016/2/18 アレックス・オノルド - ディヴィッド・ロヴァーツ著 堀内瑛司訳
山と渓谷社 / Amzon / 楽天ブックス)
alone_on_the_wall.jpg
アレックス・オノルド(Alex Honnold) のこれまでを綴った自叙伝、『ALONE ON THE WALL』が発売になりました。クライミング界に鮮烈に名前を印象づけることとなった、ザイオン、ムーンライト・バットレスのフリーソロと、ヨセミテ、ハーフドーム・レギュラールートのフリーソロから始まり、彼女とのごたごたが引き起こしたレッドロックスでのフリーソロ、ヨセミテ・トリプルの単独登攀、ノーズのスピードアッセント、メキシコ、センデロ・ルミノソでのフリーソロ、トミー・カルドウェルとのフィッツトラバース、オノルド基金の話まで盛りだくさん。まだ 2月半ばですが、今年イチオシの本であることは間違いありません。
ムーンライト・バットレスのフリーソロが 2008年の 4月なので、今日までまだ 8年も経っていませんが、この期間だけのクライミング歴を見てもお腹いっぱいになるほどの濃さで、よく生きてるなというのが感想です。実際は 2007年にもヨセミテでアストロマンとロストラムの 1日でのフリーソロ、エルキャプ・フリーライダーの 1Day など、常任離れのことはすでにやっていますが、この本で、アレックス自身の口から語られる、それぞれのクライミングに対しての詳細な記述を読むと、鋼のような精神力と自信に裏付けられた絶対的な技術力に支えられているということがよくわかります。
今作は、過去にアラスカでの初登記録をいくつか持っている登山家、デイビッド・ロバーツ(David Roberts) との共著ですが、共著であることによって、客観的な視点からのアレックス像も読むことができ、より一層アレックスの記録の凄さが実感できます。また、アレックスの記述だけを読むと不遜な自信家という印象を受けますが、デイビッドの記述では謙虚のオリンピック代表と書かれており、外面と内面の違いもよくわかります。
フリーソロはやるよりも見ている方が辛いとアレックスがコメントしている通り、この本は読んでるだけでゾクゾクしてきます。
関連リンク

コメント(Facebook のアカウントが必要です)

その他


年間人気記事

2012年の人気記事Top20

  1. 田嶋あいか、瑞貴姉弟が鳳来で成果
  2. 残置カラビナでロープが切れ、男性が墜死
  3. マグナス・ミトボのトレーニング
  4. 小山田大、マッドロックからイボルブに移籍
  5. ブロッキング機能のあるビレイデバイス
  6. 摩耗したカラビナの危険性
  7. 兜山ロッククライミング自粛のお願い
  8. (追記)マムートの新ハーネス
  9. アダム・オンドラ、5.15cの新ルートを開拓・初登
  10. 尾川智子、世界初のV14を登った女性に
  11. 『黒部 厳冬の十六日間』 - 佐藤裕介スライドショー
  12. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  13. ダニエル・ウッズ インタビュー(2012の目標)
  14. 安間佐千、La Rambla(9a+/5.15a)を第9登
  15. 最近のフリーの記録 - 2012/6/26
  16. 2012年のクライミング
  17. 重い人をビレイする方法
  18. 小山田大、Story of two worlds完登
  19. ヨセミテでハンタウイルスで2名死亡
  20. パトリック・エトランジェ、亡くなる

2011年の人気記事Top20

  1. (追記)アディダスが5.10を$2500万で買収
  2. 鳳来・鬼石「卒業」での事故報告
  3. 第一回ボルダリング日本代表強化合宿
  4. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  5. 小山田大、笠置のプロジェクトを完登「常世」
  6. 女性用クライミングシューズレビュー
  7. チョークバッグのFINGER JOINT
  8. 尾崎隆さん、エベレスト頂上付近で死亡
  9. CCHエイリアン、秋からFixeより再販
  10. 谷口ケイ&平出和也ペア、ナムナニ峰登頂
  11. 安間佐千、Pachamama(5.15a)を第2登
  12. ストーブ
  13. 『ユージの部屋』 第1回・小山田大
  14. アダム・オンドラ、V16課題を初登
  15. ギガT&トロT
  16. ボルダリングワールドカップ観戦メモ
  17. 『チャレンジ!ホビー 壁に挑め! ボルダリング入門』
  18. Giri-Giri Boys、Daddomain東壁初登
  19. アダム・オンドラ、V16課題を第2登
  20. JFA2011日本選手権"マムートカップ"