クライミング ニュース サイト

長野チームが大活躍の映像作品『Activator』リリース

カテゴリー: DVD・映画
(2015/12/26 MONOLITHIC BLOCK)
act.jpg
長野の中島徹、笠原大輔、橋本今史さんのクライミングシーンをメインに据えた映像作品『Activator』がリリースされました。長野チームに今回は藤井快さんも加わり、最初から最後まで若者の勢いに圧倒されっぱなし、躍動感あふれる良作です。
今作はアメリカのフエコ・タンクスでの岩場コンペ・ロックロデオへの参戦、その後のビショップでのクライミングがメインです。
今年で 23回目を迎えたロックロデオでは、ダニエル・ウッズ(Daniel Woods) とセッションしながら周り、ダニエル・ウッズ、ポール・ロビンソン(Paul Robinson) に続き、中島徹さんが 3位に入賞しています。藤井さんの安定した登り、笠原さんの勢いのある登りが印象に残ります。
その後のビショップでは各メンバーがそれぞれ思い入れのある課題にトライ。笠原さんが The Mandala、藤井さんが The Mandala SD、橋本さんが Spectre と Evilution Direct、中島徹さんが Lucid Dreaming とどれも見応えがあります。特に橋本さんのハイボール・Evilution のトライは凄い。あの高さであんなムーブができるんだ、というメンタルの強さが際立っています。
特典映像でも中島徹さんの RMNP の Paint it Black、瑞牆の Butterfly Effect(第2登?)、中嶋渉さんのビショップの Amblosia、不動沢の胎動などなど盛り沢山な内容です。
編集も音楽もしっかりまとまっており、今年の作品では一押しです。