クライミング ニュース サイト

新キャメロット、ドラゴンカム、フレンズの紹介動画

カテゴリー: 動画
来春発売予定の新しいカム、ブラックダイヤモンド・キャメロット、DMM・ドラゴンカム、ワイルドカントリー・フレンズの紹介動画。ドラゴンカムは最初のモデルからですが、フレンズも BD のキャメロットにサイズと色を合わせており、パートナーと違うカムでも色で混乱することはなさそうです。
BD のキャメロットは、カムローブの肉抜きとスリングをナイロンからダイニーマに変更、ステムも芯をダイニーマにすることにより、現行のキャメロット C4 よりも 25% 軽量化しています。4カム、ダブルアスクル、シングルステムは現行と変わりません。カムローブの作りが、他のメーカーのプレス加工と違い、削り出し加工ということで値段も大幅に上がっていますが、新しい Ultralight C4 と現行の C4 は平行して販売されるそうです。
ドラゴンカムは、現行製品との大きな変化はカムローブの岩との接地面のアルマイト加工を削ることにより、従来の弱点であった接地面の少なさ、フリクションの少なさを補っています。ダブルスリング、4カム、ダブルアスクル、シングルステムは現行と変わりません。
フレンズはシングルアスクルをやめ、ダブルアスクルにした点が大きな変化です。その分、多少重くはなりますが、対応レンジが広がるのと強度が上がります。また、ドラゴンカムと同様にカムローブの岩との接地面のアルマイト加工を削って、接地面の増加と摩擦力の増強をはかっています。カムローブの肉抜きとステムの軽量化により全体的に軽くなっています。ダブルスリング、4カム、シングルステムは同じです。トリガーの箇所はキャメロットと同じため、総合的にキャメロットとドラゴンカムを足して 2で割った感じです。
cam.jpg
個人的にはダブルスリングを伸ばすよりも、クイックドローを掛けてしまったほうが早いし、ごちゃごちゃしないため、新しいエイリアンなどにも見られる近年のダブルスリングの傾向はあまり好きではありません。
cam4.jpg
Photo from Outside
左) 上が新キャメロット、下が新フレンズ / 右) 上が新ドラゴンカム、下が新フレンズ

その他