クライミング ニュース サイト

サーシャ・ディジュリアン&カルロ・トラバーシ、アイガー北壁のフリールート完登

カテゴリー: フリー
eiger.jpg
黄色いラインがマジック・マッシュルーム Photo by Ueli Steck.
DiGiulian and Traversi Redpoint Eiger Free Route (Climbing Magazine)
After spending most of the month attempting to free a 5.13 rock route up the north face of the Eiger in Switzerland, Sasha DiGiulian and Carlo Traversi have redpointed Magic Mushroom, a 20-pitch 5.13a on the far right side of the wall.
アメリカのサーシャ・ディジュリアン(Sasha DiGiulian) とカルロ・トラバーシ(Carlo Traversi) のペアがアイガー北壁の右端にあるフリールート、マジック・マッシュルーム(5.13a 20ピッチ) をオールフリーで完登しました。
7月~8月間を各ピッチの解明に費やし、8/28 に上からラッペルしてルートの状態を最終確認し、3日間をかけてオールフリーで完登しています。
このラインは 2007年にロジャー・シャーリ(Roger Schäli) とクリストフ・ハインツ(Christoph Hainz) のペアが開拓した 600m のラインで、西陵にあるマッシュルーム状のピナクルに突き上げることよりこのルート名がついています。
しかしながら、彼らはオールフリーでは登っておらず、困難な上半部は 2009年にステファン・シーグリスト(Stephan Siegrist) とラルフ・ウィーバー(Ralf Weber) のペアがフリーで登ってはいるものの、 全ピッチがオールフリーで登られたのは今回が初めてと考えられています。
当初、ディジュリアン達はより難しいラインである Paciencia(23ピッチ / 5.13b) にトライする予定でしたが、天候不順により、マジック・マッシュルームに切り替えてトライしています。
カルロは普段はボルダラーとして活動していますが、Kryptonite(5.14d) など高難度のスポートルートやヨセミテのトラッドルートも登っています。