クライミング ニュース サイト

世界初の5.14d(Action Directe)と5.15a(Biographie)

カテゴリー: フリー
31100.jpg
Photo by Gianluca Bosetti
Stefano Ghisolfi climbs Biographie 9a+ at Céüse (Planetmountain)
At Ceuse in France Stefano Ghisolfi has repeated Biographie 9a+

31173.jpg
Photo by Tom Thudium / Wild Climb
Action Directe in Frankenjura climbed by Julius Westphal (Planetmountain)
On 25/06/2015 Julius Westphal repeated Action Directe in Frankenjura, Germany.
今年の 6月に、世界初の 5.14d となった、ドイツ・フランケンユーラにある Action Directe と、世界初の 5.15a となったフランス・セユーズの Biographie が再登されました。Action Directe はドイツのユリウス・ウェストファール(Julius Westphal) による第 19登、Biographie はイタリアのステファノ・ギゾルフィ(Stefano Ghisolfi) による第 12登です。
Action Directe はドイツのウォルフガング・ギュリッヒ(Wolfgang Güllich) によって 1991年に初登されたラインで、強傾斜の壁に 1-2本指のポケットが連続するボルダリーなルートで、このルートを登るためにウォルフガングが編み出したトレーニング器材がキャンパスボードです。
Action Directe のこれまでの再登者は以下。

  • 1. ウォルフガング・ギュリッヒ(Wolfgang Güllich /ドイツ /1991)
  • 2. アレクサンダー・アドラー(Alexander Adler /ドイツ /1995)
  • 3. イケール・ポウ(Iker Pou / スペイン / 2000)
  • 4. デイブ・グラハム(Dave Graham / アメリカ / 2001)
  • 5. クリスチャン・ビンドハマー(Christian Bindhammer / ドイツ / 2003)
  • 6. リチャード・シンプソン(Richard Simpson / イギリス / 2005)
  • 7. 小山田大(2005)
  • 8. マーカス・ボック(Markus Bock / ドイツ /2005)
  • 9. キリアン・フィッシュフーバー(Kilian Fischhuber / オーストリア / 2006)
  • 10. アダム・オンドラ(Adam Ondra / チェコ /2008)
  • 11. パチ・ウソビアガ(Patxi Usobiaga / スペイン /2008)
  • 12. ガブリエル・モローニ(Gabriele Moroni / イタリア / 2010)
  • 13. ヤン・ホイヤー(Jan Hojer / ドイツ / 2010)
  • 14. アダム・パステルニック(Adam Pustelnik / ポーランド / 2010)
  • 15. フェリックス・クノーブ(Felix Knaub / ドイツ /2011)
  • 16. ルスタン・ガルマノフ(Rustam Gelmanov / ロシア / 2012)
  • 17. アレクサンダー・メゴス(Alexander Megos / ドイツ / 2014)
  • 18. フェリックス・ノイメーカー(Felix Neumärker / ドイツ / 2015)
  • 19. ユリウス・ウェストファール(Julius Westphal / ドイツ / 2015)
ルートが短く、ボルダリーということもあり、キリアンやヤン、ルスタンといったボルダーメインのクライマーも登っています。ただ、第 6登のリチャード・シンプソンに関しては、彼のクライミング記録自体全部が疑問視されており、カウントしない場合もあります。
また、最近では、イギリスのベン・ムーン(Ben Moon) が 1990年に初登したイギリス・レイブン・トゥの Hubble(5.14c) が、再登者が少ないことより、5.14d と考えられてもいます。


Biographie は 2001年にアメリカのクリス・シャーマ(Chris Sharma) が初登したラインですが、元々は 1980年代の後半にフランスのジャン・クリストフ・ラファイエ(Jean-Christophe Lafaille) がボルトを打ったラインで、フランスのアルノー・プティ(Arnaud Petit) が途中に終了点を打ち足し、Biographie(5.14c) というラインで登っていましたが、クリスが、従来の終了点までを完登し、完成させました。クリスは Realization という新しいルート名をつけましたが、現在は従来の Biographie(Extension) と呼ぶほうが多いようです。
Biographie のこれまでの再登者は以下。

  • 1. クリス・シャーマ(Chris Sharma / アメリカ / 2001)
  • 2. シルヴァン・ミレ(Sylvain Millet / フランス / 2004)
  • 3. パチ・ウソビアガ(Patxi Usobiaga / スペイン / 2004)
  • 4. デイブ・グラハム(Dave Graham / アメリカ / 2007)
  • 5. イーサン・プリングル(Ethan Pringle / アメリカ / 2007)
  • 6. ラモン・ジュリアン・プッチブランカ(Ramón Julián Puigblanque / スペイン / 2008)
  • 7. エンツォ・オッド(Enzo Oddo / フランス / 2010)
  • 8. ジョナサン・シーグリスト(Jonathan Siegrist / アメリカ / 2014)
  • 9. アレックス・メゴス(Alexander Megos / ドイツ / 2014)
  • 10. アダム・オンドラ(Adam Ondra / チェコ / 2014)
  • 11. 安間佐千(2014)
  • 12. ステファノ・ギゾルフィ(Stefano Ghisolfi / イタリア / 2015)


また、これら 2本のルートを完登しているクライマーはデイブ・グラハム、アレックス・メゴス、アダム・オンドラの 3人のみです。

その他

月別過去ログ


年間人気記事

2012年の人気記事Top20

  1. 田嶋あいか、瑞貴姉弟が鳳来で成果
  2. 残置カラビナでロープが切れ、男性が墜死
  3. マグナス・ミトボのトレーニング
  4. 小山田大、マッドロックからイボルブに移籍
  5. ブロッキング機能のあるビレイデバイス
  6. 摩耗したカラビナの危険性
  7. 兜山ロッククライミング自粛のお願い
  8. (追記)マムートの新ハーネス
  9. アダム・オンドラ、5.15cの新ルートを開拓・初登
  10. 尾川智子、世界初のV14を登った女性に
  11. 『黒部 厳冬の十六日間』 - 佐藤裕介スライドショー
  12. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  13. ダニエル・ウッズ インタビュー(2012の目標)
  14. 安間佐千、La Rambla(9a+/5.15a)を第9登
  15. 最近のフリーの記録 - 2012/6/26
  16. 2012年のクライミング
  17. 重い人をビレイする方法
  18. 小山田大、Story of two worlds完登
  19. ヨセミテでハンタウイルスで2名死亡
  20. パトリック・エトランジェ、亡くなる

2011年の人気記事Top20

  1. (追記)アディダスが5.10を$2500万で買収
  2. 鳳来・鬼石「卒業」での事故報告
  3. 第一回ボルダリング日本代表強化合宿
  4. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  5. 小山田大、笠置のプロジェクトを完登「常世」
  6. 女性用クライミングシューズレビュー
  7. チョークバッグのFINGER JOINT
  8. 尾崎隆さん、エベレスト頂上付近で死亡
  9. CCHエイリアン、秋からFixeより再販
  10. 谷口ケイ&平出和也ペア、ナムナニ峰登頂
  11. 安間佐千、Pachamama(5.15a)を第2登
  12. ストーブ
  13. 『ユージの部屋』 第1回・小山田大
  14. アダム・オンドラ、V16課題を初登
  15. ギガT&トロT
  16. ボルダリングワールドカップ観戦メモ
  17. 『チャレンジ!ホビー 壁に挑め! ボルダリング入門』
  18. Giri-Giri Boys、Daddomain東壁初登
  19. アダム・オンドラ、V16課題を第2登
  20. JFA2011日本選手権"マムートカップ"