クライミング ニュース サイト

イタリアのチト・トラバーサ(12)、グランドフォールで死亡

カテゴリー: その他
Tito2.jpg Superstar Preteen Climber Dies After Fall (Climbing Magazine)
Tito Traversa, an Italian climber who just turned 12 years old in April and had already climbed several 5.14 sport routes, has died from injuries suffered in a ground fall at the French crag Orpierre.
イタリアのチト・トラバーサ(Tito Traversa / 12) が、フランス・Orpierre の岩場で、25m のグランドフォール事故で、フランス・グルノーブルの病院で 3日間の治療が続けられていましたが、7月 5日に亡くなりました。今年の 4月に 12歳になったばかりでした。
事故の詳細は不明ですが、5.10d のルートをウォームアップで登り、ロワーダウン中に墜死したようです。ルート中の 12個のクイックドローのうち、上の 8個がスリングとカラビナが正しく繋がれておらず、カラビナが動くことを防ぐためのゴムで繋がっていたとのことです。終了点のクイックドローが切れ、そのまま 8個とも切れたと考えられます。
今回、彼は、ジムの仲間(子供 10名、大人3名) とクライミングツアーに来ており、知人のクイックドローを使用しての事故だったようです。
チトは、昨年の 3月に、イタリアの Tetto di Sarre の岩場で、Sarsifal(5.14a) をレッドポイントしており、当時の 14台ルートを登った最年少記録となっていました。これまでに 4本の 5.14a ルートを登っており、事故の 2日前にも 1本登ったばかりでした。


その他