クライミング ニュース サイト

アイスコンペシーズン開幕

カテゴリー: コンペ
394854_436822683054278_2059837720_n.jpgPhoto from UIAA
本格的に冬のシーズンに入り、アイスクライミングのコンペも各地で始まりました。

アイスクライミング・ワールドカップ第 1戦・Cheongsong

15524.jpgPhoto from UIAA Angelika Rainer Ice Climbing World Champion hattrick. Alexey Tomilov wins men's title (Planetmountain)
Cheongsong, South Korea: this is where Italian ice climber Angelika Rainer triumphed once again, becoming Ice Climbing World Champion for the third time in a row after her victories in 2009 and 2011. The men's title was won by Russia's Alexey Tomilov.

1/12-13 に韓国・靑松郡(Cheongsong) で行なわれたアイスクライミング・ワールドカップ(ICWC) の第 1戦、男子はロシアのアレクセイ・トミロフ(Alexey Tomilov / 去年のランキング 2位)、女子はイタリアのアンジェリカ・ライナー(Angelik Rainer / 去年のランキング 2位) が優勝しました。日本からも 7名の選手が参加しました。
1481_436264213110125_311914847_n.jpgPhoto by UIAA
女子は地元韓国の Shin WooSeon(去年のランキング 5位) が準決勝をトップで通過し、期待が集まりましたが、決勝の最後で落ち、僅差の 3位でした。上位 2人は決勝課題を完登するも、時間差でアンジェリカが優勝、ロシアのアンナ(Anna Gallyamova / 去年のランキング 3位) が 2位でした。
15525.jpgPhoto by Diego Patete
男子は予選、準決勝、決勝と全て完登したロシアのアレクセイが、同じく全完登のウクライナの Valentyn Sypavin を時間差で抑えて優勝しました。昨年のランキング 3位、地元韓国の Park HeeYong は 3位でした。
15526.jpgPhoto by Diego Patete
日本選手は、女子が石原幸恵選手が 19位、八木名恵選手が 23位、男子は吉田貢選手が 37位、土屋新選手が 39位、奈良誠之選手、清水智選手が 43位、千葉敦久選手が 59位でした。
女子リザルト 男子リザルト
1. Angelika Rainer(イタリア) 1. Alexey Tomilov(ロシア)
2. Anna Gallyamova(ロシア) 2. Valentyn Sypavin(ウクライナ)
3. Shin WoonSeon(韓国) 3. Park HeeYong(韓国)
4. Maria Tolokonina(ロシア) 4. Lee ChangHyon(韓国)
5. Lucie Hrozova(チェコ) 5. Nikolay Kuzovlev(ロシア)
6. Liudmila Badalyan(ロシア) 6. Han JungHee(韓国)
7. Svetlana Sokolova(ロシア) 7. Sergey Tarasov(ロシア)
8. Jeong WoonWha(韓国) 8. Ivan Lyulyukin(ロシア)


最終リザルト



Ouray Iceclimbing Competition

ouraywalweb.jpg Papert, Kutcher Top Competition At Ouray (Alpinist)
The Elite Mixed Climbing Competition at the 2013 Ouray Ice Festival opened under clear but frigid skies, with a characteristically challenging route.

今年で 18回目を迎えた、コロラド・ユーレイ(Ouray) で行われたアイスクライミングコンペは女子がドイツのイネス・ペパート(Ines Papert)、男子はフランスの Simon Duverney が優勝しました。
ourayinesweb.jpg
このコンペは、ワールドカップとは違い、お祭り的な雰囲気で行われ、一般客も多く観戦して盛り上がる、アメリカ的なコンペです。
ouraysimondweb.jpg
女子のイネスは、講演会ではほぼ毎年現地に来ていたものの、コンペへの参加は久しぶりでした。しかしながら、過去に 2回優勝しており、その強さを見せつけた形になりました。去年優勝した、地元のエミリー・ハリントン(Emily Harrington) は 3位でした。
女子リザルト 男子リザルト
1. Ines Papert 1. Simon Duverney
2. Marianne Van Der Steen 2. Jeff Mercier
3. Emily Harrington 3. Sam Elias
4. Dawn Glanc 4. Whit Magro
5. Christina Schlesener 5. Gordon McArthur
6. Caroline George 6. Will Mayo
7. Andrea Charest 7. Kyle Dempster
8. Berglind Aoalsteinsdottir 8. Jason Nelson





Youth Ice Climbing World Championship

486200_436633326406547_926987325_n.jpgPhoto from UIAA First international UIAA Youth Ice Climbing World Championship begins in Saas Grund, Switzerland (UIAA)
Young climbers from 10 climbing federations have gathered in Saas Grund, Switzerland this weekend for the inaugural Youth Ice Climbing World Championship organized by the UIAA Youth Commission.

また、1/12-13 にはアイスクライミングのユース大会もスイス・Saas Grund で行われました。これは、アイスクライミング・コンペを、冬季オリンピックへの登録を目指した、エキシビション的な意味合いもあったようです。
537306_436633163073230_1466821658_n.jpgPhoto from UIAA
関連リンク

コメント(Facebook のアカウントが必要です)


年間人気記事

2012年の人気記事Top20

  1. 田嶋あいか、瑞貴姉弟が鳳来で成果
  2. 残置カラビナでロープが切れ、男性が墜死
  3. マグナス・ミトボのトレーニング
  4. 小山田大、マッドロックからイボルブに移籍
  5. ブロッキング機能のあるビレイデバイス
  6. 摩耗したカラビナの危険性
  7. 兜山ロッククライミング自粛のお願い
  8. (追記)マムートの新ハーネス
  9. アダム・オンドラ、5.15cの新ルートを開拓・初登
  10. 尾川智子、世界初のV14を登った女性に
  11. 『黒部 厳冬の十六日間』 - 佐藤裕介スライドショー
  12. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  13. ダニエル・ウッズ インタビュー(2012の目標)
  14. 安間佐千、La Rambla(9a+/5.15a)を第9登
  15. 最近のフリーの記録 - 2012/6/26
  16. 2012年のクライミング
  17. 重い人をビレイする方法
  18. 小山田大、Story of two worlds完登
  19. ヨセミテでハンタウイルスで2名死亡
  20. パトリック・エトランジェ、亡くなる

2011年の人気記事Top20

  1. (追記)アディダスが5.10を$2500万で買収
  2. 鳳来・鬼石「卒業」での事故報告
  3. 第一回ボルダリング日本代表強化合宿
  4. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  5. 小山田大、笠置のプロジェクトを完登「常世」
  6. 女性用クライミングシューズレビュー
  7. チョークバッグのFINGER JOINT
  8. 尾崎隆さん、エベレスト頂上付近で死亡
  9. CCHエイリアン、秋からFixeより再販
  10. 谷口ケイ&平出和也ペア、ナムナニ峰登頂
  11. 安間佐千、Pachamama(5.15a)を第2登
  12. ストーブ
  13. 『ユージの部屋』 第1回・小山田大
  14. アダム・オンドラ、V16課題を初登
  15. ギガT&トロT
  16. ボルダリングワールドカップ観戦メモ
  17. 『チャレンジ!ホビー 壁に挑め! ボルダリング入門』
  18. Giri-Giri Boys、Daddomain東壁初登
  19. アダム・オンドラ、V16課題を第2登
  20. JFA2011日本選手権"マムートカップ"