クライミング ニュース サイト

アレックス・オノルド、単独で3本のフリールートを継続

カテゴリー: フリー
575257_10150939051534000_240169033_n.jpg Honnold Solos El Cap, Half Dome and Mt. Watkins in Eighteen Hours (Alpinist.com)
Alex Honnold has soloed a linkup known as the "Yosemite Triple Crown" in only eighteen hours. The link-up, which Honnold completed a few weeks ago with Tommy Caldwell in just over twenty-one hours, is a combination of Mt. Watkins, El Capitan and Half Dome.
先日、トミー・カルドウェル(Tommy Caldwel) と一緒に、ヨセミテのワトキンス(Mt. Watkins)、エルキャピタン(El Capitan)、ハーフドーム(Half Dome) と、3つのビッグウォールのフリールートを 21時間 15分で継続しましたが、今回は単独で継続しました。時間は前回よりも短い 18時間
6/4 の 16:00 にワトキンスをスタートしたアレックスは 2時間 20分でトップアウト、次にエル・キャピタンに移動し、ノーズを 6時間で登り切り、最後にハーフドームのレギュラールートを登り、6/5 の 10:45 にトップアウトしています。
70ピッチ近くリンクしたラインの 90% はフリーで抜けたそうですが、最後のハーフドームではチョークバッグを忘れ、途中にいたエイドクライマーに借りたそうです。
今回の継続に関しては、今秋の Reel Rock 7 で、映像として公開されるようで、少しだけ公開されています。


Honnold Triple Teaser REEL ROCK 7

また、この記録の数日前には、ハーフドームのレギュラールート(23ピッチ/5.12/650m) を 1時間 22分でフリーソロしており、これまで自身が持っていた 2時間台の記録を塗り替えています。

その他

月別過去ログ


年間人気記事

2012年の人気記事Top20

  1. 田嶋あいか、瑞貴姉弟が鳳来で成果
  2. 残置カラビナでロープが切れ、男性が墜死
  3. マグナス・ミトボのトレーニング
  4. 小山田大、マッドロックからイボルブに移籍
  5. ブロッキング機能のあるビレイデバイス
  6. 摩耗したカラビナの危険性
  7. 兜山ロッククライミング自粛のお願い
  8. (追記)マムートの新ハーネス
  9. アダム・オンドラ、5.15cの新ルートを開拓・初登
  10. 尾川智子、世界初のV14を登った女性に
  11. 『黒部 厳冬の十六日間』 - 佐藤裕介スライドショー
  12. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  13. ダニエル・ウッズ インタビュー(2012の目標)
  14. 安間佐千、La Rambla(9a+/5.15a)を第9登
  15. 最近のフリーの記録 - 2012/6/26
  16. 2012年のクライミング
  17. 重い人をビレイする方法
  18. 小山田大、Story of two worlds完登
  19. ヨセミテでハンタウイルスで2名死亡
  20. パトリック・エトランジェ、亡くなる

2011年の人気記事Top20

  1. (追記)アディダスが5.10を$2500万で買収
  2. 鳳来・鬼石「卒業」での事故報告
  3. 第一回ボルダリング日本代表強化合宿
  4. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  5. 小山田大、笠置のプロジェクトを完登「常世」
  6. 女性用クライミングシューズレビュー
  7. チョークバッグのFINGER JOINT
  8. 尾崎隆さん、エベレスト頂上付近で死亡
  9. CCHエイリアン、秋からFixeより再販
  10. 谷口ケイ&平出和也ペア、ナムナニ峰登頂
  11. 安間佐千、Pachamama(5.15a)を第2登
  12. ストーブ
  13. 『ユージの部屋』 第1回・小山田大
  14. アダム・オンドラ、V16課題を初登
  15. ギガT&トロT
  16. ボルダリングワールドカップ観戦メモ
  17. 『チャレンジ!ホビー 壁に挑め! ボルダリング入門』
  18. Giri-Giri Boys、Daddomain東壁初登
  19. アダム・オンドラ、V16課題を第2登
  20. JFA2011日本選手権"マムートカップ"