クライミング ニュース サイト

ウエリ・シュテックの衣類開発

カテゴリー: 山道具
Mountain Hardwear にウェアのスポンサードを受けているウエリ・シュテック(Ueli Steck) の衣類のこだわりについて解説した動画。
bdcam 2011-11-08 11-15-01-224.jpg
ウエリ・シュテック(Ueli Steck)Mountain Hardwear の開発チームと一緒に、つま先から頭の先まで、インナーからアウターまでこだわりを持って衣服の開発を行なっているようで、基本となるコンセプトは軽量、かつシンプルなデザイン。
bdcam 2011-11-08 11-17-31-743.jpg
ミッドレイヤーはハーフジッパーでストレッチ性のある素材を使っています。フルジッパーは保温性が下がり、弱点になるので嫌い、目出帽を一体化させることで保温性を上げてます。ポケットも最小のものを使っていてシンプル。
bdcam 2011-11-08 11-17-55-078.jpg
アウター(アノラック) は前面には何も付けないシンプルなもので、Dry Elite という素材を使っていて、通気性も良く、スピードクライミングに最適。
bdcam 2011-11-08 11-19-35-797.jpg
袖の部分も雪が付くので何も付けず、インナーにストレッチ性のあるゲーターを付けて対応し、手袋もしやすくなってます。
bdcam 2011-11-08 11-20-12-518.jpg
ダウンパンツも上部はストレッチ性があり、中間のメイン部分には 850フィルパワーのダウンを使っており、下部の靴やスパッツの箇所には必要ないのでダウンを入れてません。
bdcam 2011-11-08 11-21-16-571.jpg
ダウンジャケットも軽量で、裾を少し長めにしてます。内側にオーバーミトンや水筒が入るような大型のメッシュのポケットが付いています。
bdcam 2011-11-08 11-21-26-459.jpg
ジッパーは顔の半分まで上がるようになっていて、保温性を上げてます。
通気性が良ければ、着替える必要も無く、軽量化で荷物も軽くなり、時間の短縮に繋がるとともに、安全にもなり、クライミングに集中することができます。
bdcam 2011-11-08 11-24-56-799.jpg
関連リンク

その他

月別過去ログ


年間人気記事

2012年の人気記事Top20

  1. 田嶋あいか、瑞貴姉弟が鳳来で成果
  2. 残置カラビナでロープが切れ、男性が墜死
  3. マグナス・ミトボのトレーニング
  4. 小山田大、マッドロックからイボルブに移籍
  5. ブロッキング機能のあるビレイデバイス
  6. 摩耗したカラビナの危険性
  7. 兜山ロッククライミング自粛のお願い
  8. (追記)マムートの新ハーネス
  9. アダム・オンドラ、5.15cの新ルートを開拓・初登
  10. 尾川智子、世界初のV14を登った女性に
  11. 『黒部 厳冬の十六日間』 - 佐藤裕介スライドショー
  12. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  13. ダニエル・ウッズ インタビュー(2012の目標)
  14. 安間佐千、La Rambla(9a+/5.15a)を第9登
  15. 最近のフリーの記録 - 2012/6/26
  16. 2012年のクライミング
  17. 重い人をビレイする方法
  18. 小山田大、Story of two worlds完登
  19. ヨセミテでハンタウイルスで2名死亡
  20. パトリック・エトランジェ、亡くなる

2011年の人気記事Top20

  1. (追記)アディダスが5.10を$2500万で買収
  2. 鳳来・鬼石「卒業」での事故報告
  3. 第一回ボルダリング日本代表強化合宿
  4. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  5. 小山田大、笠置のプロジェクトを完登「常世」
  6. 女性用クライミングシューズレビュー
  7. チョークバッグのFINGER JOINT
  8. 尾崎隆さん、エベレスト頂上付近で死亡
  9. CCHエイリアン、秋からFixeより再販
  10. 谷口ケイ&平出和也ペア、ナムナニ峰登頂
  11. 安間佐千、Pachamama(5.15a)を第2登
  12. ストーブ
  13. 『ユージの部屋』 第1回・小山田大
  14. アダム・オンドラ、V16課題を初登
  15. ギガT&トロT
  16. ボルダリングワールドカップ観戦メモ
  17. 『チャレンジ!ホビー 壁に挑め! ボルダリング入門』
  18. Giri-Giri Boys、Daddomain東壁初登
  19. アダム・オンドラ、V16課題を第2登
  20. JFA2011日本選手権"マムートカップ"