クライミング ニュース サイト

フリーもっと読む

download.jpg イタリアのローラ・ロッゴーラ(19) が、イタリア・アルコのマッソーネで Pure Dreaming Plus(5.15a) を登り、5.15台を登った 5人目の女性となりました。オリジナルルートの Pure Dreaming(5.14d) は数日前に登っていました。
download.jpg フランスのオリエン・バートン(15) が、5/25、フランス・フォンテーヌブローの Satan I Helvete のロースタートを初登しました。グレードは 8C(V15) を提唱しており、グレードが確定すれば、8C(V15) を登った 4人目の女性となります。オリエンは完登までに 11日を要しています。
download.jpg フランスのメリッサ・レ・ヌーブ(30) が世界初の 5.14d ルート、ドイツ・フランケンユーラの Action Directe を女性として初登しました。詳細はまだわかりませんが、6年前からトライしていたようです。
MarcosFerro.jpg メキシコのマウリシオ・ウエルタ(31) が、3/15 にメキシコ・チコ鉱山の Júpiter という課題を初登し、V15 としました。グレードが確定すれば、メキシコ 2本目の V15課題、かつメキシコ人として初めて V15課題を登ったクライマーとなります。

アルパインもっと読む

download.jpg ポーランドのフィリップ・バビッチが、イタリア・アオスタのグラン・ボルナ・ケイブで Ade Integrale というルートを初登しました。グレードは D15+ を提唱しています。完全な地下洞のようで、照明を使って登ったようです。
64961713_2279231198995151_4969352104356347904_o.jpg スイス在住、エクアドル出身のカール・エグロフがデナリ(6190m) のスピード記録を更新しました。ベースキャンプ(約2200m) から山頂までの往復で 11時間 44分と、これまでのスペインのキリアン・ジョルネが持っていた 11時間 45分という記録を 1分縮めました。
jew.jpg ロシアのセルゲイ・ニロフとドミトリー・ゴロフチェンコが、未登のジャヌー東壁に新ルート(Unfinished Sympathy) を開拓しました。 かなり壮絶な登攀だったようで、雪崩の危険性より、途中から退路を断たれ、東壁の完登と山頂はあきらめ、未知のルートからの下降を余儀なくされています。
download.jpg アメリカのジム・レイノルズ(25) がパタゴニア・フィッツ・ロイの Afanassieff ルート(5.10c / 1600m) をフリーソロで登下降しました。ベースをスタートして山頂まで 6時間 38分で到達したものの、下りは暗かったのと濡れてる箇所もあり時間がかかり、9時間ほどかかっています。

コンペもっと読む

narasaki.jpg ボルダリングワールドカップの最終戦が、8/12 - 13 にドイツ・ミュンヘンで行われ、楢崎智亜選手が優勝し、同時に年間優勝も決めました。僅差で 2位につけていた藤井快選手はトライ数の差で決勝進出ならず、年間ランキングでは 2位となりました。女子は野中生萌選手が優勝し、年間ランキング 2位に入っています。昨年の年間チャンピオンの野口啓代選手も 3位に入り、年間ランキグは 4位となりました。
37718_002.jpg アメリカのコロラド・ベイルで行われた、ボルダリングワールドカップの第 6戦は、藤井快選手が優勝しました。2位に楢崎智亜選手、4位に緒方良行選手が入っています。女子は地元アメリカのミーガン・マスカレイナスが、決勝は圧倒的な強さで優勝しました。2位にイギリスのショウナ・コクシーが入り、今シーズンのボルダリングワールドカップの総合優勝を確実なものにしました。4位に野中生萌選手が入っています。
woin.jpg インド・ムンバイで行われた、インド初のボルダリング・ワールドカップで、男子は藤井快選手がワールドカップで初優勝、女子は野中生萌選手が優勝し、日本人選手が男女で優勝しました。また、男子 2位には楢崎智亜選手、女子 3位には野口啓代選手が入り、表彰台に日本人選手 4人という快挙を達成しました。
index.jpg 4/30-5/1 に中国・重慶で行われた、ボルダリングワールドカップの第 3戦は男子で楢崎智亜選手が優勝しました。楢崎選手はワールドカップでは初めての優勝となります。また、日本で行われた第 2戦で 3位に入った藤井快選手が 4位に入っています。女子は 3戦連続でイギリスのショウナ・コクシーが優勝しました。野口啓代選手がトライ数の差で 2位に入り、野中生萌選手が 3位、小武芽生選手が 4位と 3名が入賞しています。
cc.png 全都道府県に出されている緊急事態宣言が 5/31 まで延長されることが 5/4 に発表されましたが、日本クライミングジム連盟(JCGA) が With コロナな現状での『クライミングジムへの提言』と『WITH コロナの状況下でのクライミングジム営業のガイダンス』を 5/5 に発表しています。
ma4-21.jpg クライミングジム発展のための活動を行っている日本クライミングジム連盟が、各地のジムのコロナ騒動による売上激減を受け、国に対して、固定費である家賃の補填を求めて陳情書を出すそうで、個人、法人、団体を問わず、賛同及び署名を求めています。
94102554_2907172519378798_2073766976815104000_o.jpg 新型コロナウイルスの感染拡大に対する政府からの緊急事態宣言を受け、4/8 から休業している Pump各店ですが、Pump大阪店が 5/31 をもって閉店することが発表されました。リードでもボルダーでも関西では有数な規模のジムです。現在は 5/6 までは休業とのことですが、今後の対応は現状では不明です。
net_shopping_pc.png 新型コロナウイルスの対応として、政府が日本全国に対して緊急事態宣言を出したことより、4/20現在、日本のクライミングジムの 9割が休業している状況です。オンラインショップなどで通販に対応しているジムをリストにしました。ホームジムがある場合、通販を利用すればジムへの一助になると思います。

本・雑誌もっと読む

sc3.jpg スポーツクライミングが、2020年の東京オリンピック競技に決まったことのブームに合わせ、初心者向けのクライミング教本が乱造される中、類書とは違い、クライミングを科学的に解説した『スポーツクライミング教本』が今年の 6月に発売されました。著者はロクスノの連載でもおなじみの東秀磯さん。
kotera.png 今年の 5月に 4巻目が発売されて完結した漫画『のぼる小寺さん』。高校のボルダリング部で活動する小寺(こてら) さんの日常を描いたゆるふわ系の作品。
51rnUHLeBPL.jpg セクシー登山部の舐め太郎こと、宮城公博さん初の著作『外道クライマー』が刊行になりました。那智の滝での逮捕から始まり、タイのジャングルでの46日間の沢登り、称名滝、ハンノキ滝の冬季登攀、台湾・チャーカンシーゴルジュの遡行など冒険的要素の高いクライミングの紀行文が詰まっており、「冒険とは何か?」を考えさせる良著です。
alone_on_the_wall.jpg アレックス・オノルドのこれまでを綴った自叙伝、『ALONE ON THE WALL』が発売になりました。クライミング界に鮮烈に名前を印象づけることとなった、ザイオン、ムーンライト・バットレスのフリーソロと、ヨセミテ、ハーフドーム・レギュラールートのフリーソロから始まり、彼女とのごたごたが引き起こしたレッドロックスでのフリーソロ、ヨセミテ・トリプルの単独登攀、ノーズのスピードアッセント、メキシコ、センデロ・ルミノソでのフリーソロ、トミー・カルドウェルとのフィッツトラバース、オノルド基金の話まで盛りだくさん。まだ 2月半ばですが、今年イチオシの本であることは間違いありません。

DVD・映画もっと読む

rr14.jpg クライミング映像の最高レベルの作品を毎年リリースしている Reelrockシリーズですが、最新作の『Reelrock 14』が今週からダウンロード販売がスタートしました。
mov.jpg Netflix や Hulu、Amazon Primeビデオ など、値段も手頃でコンテンツも充実してきている各種動画配信サービスが隆盛になってきていますが、月額 500円と最も安い Amazon Primeビデオでも、クライミングに関する映像作品がいくつか登録されていますのでご紹介。年末年始のお時間があるときにでも是非。
FreeSolo_01.jpg アレックス・オノルドが 2017年 6月に、世界で初めてヨセミテ、エル・キャピタンのフリーライダー(5.12d / 37ピッチ / 970m) を 4時間弱でフリーソロしました。その時の様子がドキュメンタリーとしてまとめられ、2018年からアメリカなどで公開が始まりましたが、日本でも今年の秋から新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷など、全国規模で公開されます。
2018022316001.jpg 小山田大(41) さんの活動記録DVD『Dai's Video Diaries』の第 6弾がリリースされました。今作はドイツ・フランケンユーラでのルートクライミング、国内での高難度ボルダー開拓、そして日本最難課題、下呂の那由多(V16) の初登までの軌跡の 3部構成となっています。

山道具もっと読む

9_thumb_292_3.png 多段に変形することで、1つのカムで広い範囲をカバーすることができたリンクカムで有名なオメガパシフィックが自主廃業を決めたとのことです。今後の生産はなく、現状は現在出回ってる製品のみとなるようです。
download.jpg カナダのスコーミッシュをベースとしている G7 という会社が、"G7 Pod" というポータレッジをクラウドファンディングでスタートしました。特徴は世界最軽量の 1.5kg という重量にあります。
Totem-basic-cams-recall.jpg トーテムMT社のカムデバイスの一つ・ベーシックカムの一部の製品に強度的な問題があるとのことで、トーテムMT社から自主的リコールの案内が出ています。日本の輸入代理店であるキャラバンからの案内はまだない模様です。
bdshoees.jpg プロテクションやカラビナ、ハーネス、バイルやアイゼンをはじめとしたクライミングギアだけではなく、スキー用品やアパレルなど幅広く山道具を製造・販売しているアメリカのブラックダイヤモンドが、今年の 10月からクライミングシューズを発売すると発表しました。韓国のクライミングシューズメーカーであるブトラ(Butora) の中国工場で作られるようです。

その他もっと読む

2034_AF_Covid-19-infographic_v12a.jpg アメリカ・ジョージア州のジム、カナダ・ニューブランズウィック州の岩場が再オープンしました。
train_gear.jpg ジムや岩場に行けず、自宅でトレーニングをしているクライマーも増えてると思いますが、Twitter や Instagram を見ていると、日本の住宅事情の関係から、シュミレーションボード(フィンガーボード) と懸垂ホールドを使用している方が多い印象です。
MTcxNTM0MDA4ODQzMjQ5MTIz.jpg 新型コロナウイルスの影響で、現在の状況がエイプリルフールのような感もありますが、昨日は 4/1 ということで、エイプリルフールのネタをいくつか散見したのでご紹介。
emblem.jpg

新型コロナウイルスの影響で、先日 1年の延期が発表された東京五輪ですが、2021/7/23 ~ 8/8 という新日程が発表されました。

著名人のつぶやきもっと読む

海外メディアのつぶやきもっと読む

ジムのつぶやきもっと読む

みんなのつぶやき

月別過去ログ

年間人気記事

2012年の人気記事Top20

  1. 田嶋あいか、瑞貴姉弟が鳳来で成果
  2. 残置カラビナでロープが切れ、男性が墜死
  3. マグナス・ミトボのトレーニング
  4. 小山田大、マッドロックからイボルブに移籍
  5. ブロッキング機能のあるビレイデバイス
  6. 摩耗したカラビナの危険性
  7. 兜山ロッククライミング自粛のお願い
  8. (追記)マムートの新ハーネス
  9. アダム・オンドラ、5.15cの新ルートを開拓・初登
  10. 尾川智子、世界初のV14を登った女性に
  11. 『黒部 厳冬の十六日間』 - 佐藤裕介スライドショー
  12. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  13. ダニエル・ウッズ インタビュー(2012の目標)
  14. 安間佐千、La Rambla(9a+/5.15a)を第9登
  15. 最近のフリーの記録 - 2012/6/26
  16. 2012年のクライミング
  17. 重い人をビレイする方法
  18. 小山田大、Story of two worlds完登
  19. ヨセミテでハンタウイルスで2名死亡
  20. パトリック・エトランジェ、亡くなる

2011年の人気記事Top20

  1. (追記)アディダスが5.10を$2500万で買収
  2. 鳳来・鬼石「卒業」での事故報告
  3. 第一回ボルダリング日本代表強化合宿
  4. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  5. 小山田大、笠置のプロジェクトを完登「常世」
  6. 女性用クライミングシューズレビュー
  7. チョークバッグのFINGER JOINT
  8. 尾崎隆さん、エベレスト頂上付近で死亡
  9. CCHエイリアン、秋からFixeより再販
  10. 谷口ケイ&平出和也ペア、ナムナニ峰登頂
  11. 安間佐千、Pachamama(5.15a)を第2登
  12. ストーブ
  13. 『ユージの部屋』 第1回・小山田大
  14. アダム・オンドラ、V16課題を初登
  15. ギガT&トロT
  16. ボルダリングワールドカップ観戦メモ
  17. 『チャレンジ!ホビー 壁に挑め! ボルダリング入門』
  18. Giri-Giri Boys、Daddomain東壁初登
  19. アダム・オンドラ、V16課題を第2登
  20. JFA2011日本選手権"マムートカップ"