クライミング ニュース サイト

フリーもっと読む

download-1.jpg オーストリアのヤコブ・シューベルトがスペイン・マルガレフの Perfecto Mundo(5.15c) を完登しました。第 3登になります。
download.jpg トミー・コールドウェルとアレックス・オノルドらが、ヨセミテ、エル・キャピタンに新しいフリールートを開拓しました。ルート名、グレード、正確なライン、スタイルなどの詳細はまだ不明です。
download.jpg アメリカのデイブ・グラハム(37) がコロラド州・ロッキーマウンテン国立公園にある Hypnotized Minds(V16) を第 3登しました。2011年から 8年間トライし続けての完登となります。
333863.jpg イギリスのエマ・トワイフォードが、北ウェールズ・ペン・トゥルインの岩場で Big Bang(5.14d) というルートを、アメリカのペイジー・クラッセンがコロラド州・ライフルにある Shadowboxing(5.14d) をレッドポイントしました。女性クライマーによる 5.14dルートの完登者も近年は増えてきました。

アルパインもっと読む

jew.jpg ロシアのセルゲイ・ニロフとドミトリー・ゴロフチェンコが、未登のジャヌー東壁に新ルート(Unfinished Sympathy) を開拓しました。 かなり壮絶な登攀だったようで、雪崩の危険性より、途中から退路を断たれ、東壁の完登と山頂はあきらめ、未知のルートからの下降を余儀なくされています。
download.jpg アメリカのジム・レイノルズ(25) がパタゴニア・フィッツ・ロイの Afanassieff ルート(5.10c / 1600m) をフリーソロで登下降しました。ベースをスタートして山頂まで 6時間 38分で到達したものの、下りは暗かったのと濡れてる箇所もあり時間がかかり、9時間ほどかかっています。
download.jpg オーストリアのダーフィット・ラマが、ネパールとチベットの国境にある未踏峰のルナグリ(6778m) に 3回目のトライで登頂しました。今回はソロでトライしています。
download.jpg アメリカのヒラリー・ネルソンとジム・モリソンが世界第 4位の高峰、エベレストのすぐ脇にあるネパールのローツエ(8516m) 山頂から、9/30 に初めてスキー滑降に成功しました。

コンペもっと読む

narasaki.jpg ボルダリングワールドカップの最終戦が、8/12 - 13 にドイツ・ミュンヘンで行われ、楢崎智亜選手が優勝し、同時に年間優勝も決めました。僅差で 2位につけていた藤井快選手はトライ数の差で決勝進出ならず、年間ランキングでは 2位となりました。女子は野中生萌選手が優勝し、年間ランキング 2位に入っています。昨年の年間チャンピオンの野口啓代選手も 3位に入り、年間ランキグは 4位となりました。
37718_002.jpg アメリカのコロラド・ベイルで行われた、ボルダリングワールドカップの第 6戦は、藤井快選手が優勝しました。2位に楢崎智亜選手、4位に緒方良行選手が入っています。女子は地元アメリカのミーガン・マスカレイナスが、決勝は圧倒的な強さで優勝しました。2位にイギリスのショウナ・コクシーが入り、今シーズンのボルダリングワールドカップの総合優勝を確実なものにしました。4位に野中生萌選手が入っています。
woin.jpg インド・ムンバイで行われた、インド初のボルダリング・ワールドカップで、男子は藤井快選手がワールドカップで初優勝、女子は野中生萌選手が優勝し、日本人選手が男女で優勝しました。また、男子 2位には楢崎智亜選手、女子 3位には野口啓代選手が入り、表彰台に日本人選手 4人という快挙を達成しました。
index.jpg 4/30-5/1 に中国・重慶で行われた、ボルダリングワールドカップの第 3戦は男子で楢崎智亜選手が優勝しました。楢崎選手はワールドカップでは初めての優勝となります。また、日本で行われた第 2戦で 3位に入った藤井快選手が 4位に入っています。女子は 3戦連続でイギリスのショウナ・コクシーが優勝しました。野口啓代選手がトライ数の差で 2位に入り、野中生萌選手が 3位、小武芽生選手が 4位と 3名が入賞しています。
アメリカのキーナン・タカハシが瑞牆のアサギマダラ(五段+/V15) を完登しました。第8登だと思われます。トライ数等の詳細は不明ですが、今後動画が公開されるそうです。
download.jpg 石井秀佳(13)さんが、鳳来・岩小屋ボルダーの白道(五段+/V15) を 5/3 に完登しました。13歳での V15 の完登は世界最年少記録となります。石井さんは昨年 2月に、同ボルダーの "初/二段" から "白道" の後半に抜けるバチュラレット(四段+/V13) を登っていました。
download.jpg 東京の御岳ボルダーにある忍者岩とデッドエンドの岩で、チッピングがおこなわれたという報告が各種 SNS で上がっています。
download2.jpg 二子山の白壁フェイスのプロジェクトにトライしていた安間佐千さんが、25日以上のトライの末に完登し、昇(Sho/5.15a) としました。安間さんにとって、国内 3本目の 5.15台ルート初登になります。

本・雑誌もっと読む

sc3.jpg スポーツクライミングが、2020年の東京オリンピック競技に決まったことのブームに合わせ、初心者向けのクライミング教本が乱造される中、類書とは違い、クライミングを科学的に解説した『スポーツクライミング教本』が今年の 6月に発売されました。著者はロクスノの連載でもおなじみの東秀磯さん。
kotera.png 今年の 5月に 4巻目が発売されて完結した漫画『のぼる小寺さん』。高校のボルダリング部で活動する小寺(こてら) さんの日常を描いたゆるふわ系の作品。
51rnUHLeBPL.jpg セクシー登山部の舐め太郎こと、宮城公博さん初の著作『外道クライマー』が刊行になりました。那智の滝での逮捕から始まり、タイのジャングルでの46日間の沢登り、称名滝、ハンノキ滝の冬季登攀、台湾・チャーカンシーゴルジュの遡行など冒険的要素の高いクライミングの紀行文が詰まっており、「冒険とは何か?」を考えさせる良著です。
alone_on_the_wall.jpg アレックス・オノルドのこれまでを綴った自叙伝、『ALONE ON THE WALL』が発売になりました。クライミング界に鮮烈に名前を印象づけることとなった、ザイオン、ムーンライト・バットレスのフリーソロと、ヨセミテ、ハーフドーム・レギュラールートのフリーソロから始まり、彼女とのごたごたが引き起こしたレッドロックスでのフリーソロ、ヨセミテ・トリプルの単独登攀、ノーズのスピードアッセント、メキシコ、センデロ・ルミノソでのフリーソロ、トミー・カルドウェルとのフィッツトラバース、オノルド基金の話まで盛りだくさん。まだ 2月半ばですが、今年イチオシの本であることは間違いありません。

DVD・映画もっと読む

FreeSolo_01.jpg アレックス・オノルドが 2017年 6月に、世界で初めてヨセミテ、エル・キャピタンのフリーライダー(5.12d / 37ピッチ / 970m) を 4時間弱でフリーソロしました。その時の様子がドキュメンタリーとしてまとめられ、2018年からアメリカなどで公開が始まりましたが、日本でも今年の秋から新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷など、全国規模で公開されます。
2018022316001.jpg 小山田大(41) さんの活動記録DVD『Dai's Video Diaries』の第 6弾がリリースされました。今作はドイツ・フランケンユーラでのルートクライミング、国内での高難度ボルダー開拓、そして日本最難課題、下呂の那由多(V16) の初登までの軌跡の 3部構成となっています。
665011625_1280x720.jpg アメリカのジミー・ウェブや裸足のクライマー、フランスのシャルル・アルベルト、往年の名クライマー、マルク・ル・メネストレルなどが、フランスのフォンテーヌ・ブローで登りまくる映像作品『OUT OF SIGHT III』がリリースされました。インタビュー等はなく、ひたすら登る映像だけをスピーディに編集してあり、非常に見やすい作品になっています。
lappnor_project_poster.jpg 昨年の 10月に、フィンランドのナーレ・フッカタイバルが地元フィンランドのラプヌールで、これまで "Lappnor Project" として 4年間に渡りトライしていた課題を初登し、Burden of Dreams(夢の重荷) としました。グレードは世界最難となる V17(9A)。完登までの過程が映像作品『The Lappnor Project - A Documentary About Not Giving Up』として今年の 2月にリリースされました。

山道具もっと読む

Totem-basic-cams-recall.jpg トーテムMT社のカムデバイスの一つ・ベーシックカムの一部の製品に強度的な問題があるとのことで、トーテムMT社から自主的リコールの案内が出ています。日本の輸入代理店であるキャラバンからの案内はまだない模様です。
bdshoees.jpg プロテクションやカラビナ、ハーネス、バイルやアイゼンをはじめとしたクライミングギアだけではなく、スキー用品やアパレルなど幅広く山道具を製造・販売しているアメリカのブラックダイヤモンドが、今年の 10月からクライミングシューズを発売すると発表しました。韓国のクライミングシューズメーカーであるブトラ(Butora) の中国工場で作られるようです。
bd_recall.png ブラックダイヤモンドのキャメロットとアッセンダー、ビアフェラータのセットが、自主的リコールになっています。対象製品による事故報告はないものの、重大な事故に繋がる可能性もあるため、リコールが発表されています。
bd.png ブラックダイヤモンド製のカラビナとナイロンスリングに不具合があるとのことで、ブラックダイヤモンド社から自主的リコールの案内が出ています。

その他もっと読む

ld.jpg オーストリアのダーフィット・ラマ(28)、ハンスイエルク・アウアー(35)、アメリカのジェス・ロスケリー(36) の 3名が、カナダ・バンフから北に 100km ほどの場所にあるカナディアン・ロッキーのハウス峰の "M16" というルートをトライしていたところ、4/16 に大規模な雪崩に遭い遭難しました。4/17 の空からの捜索では、雪崩跡と幾つかの残留品が確認されています。
iciyodo.png ヨドバシカメラが ICI石井スポーツの全株式を今後取得し、買収することになりました。店舗運営の独立性や従業員の雇用は維持されるとしていますが、今後の詳細に関してはまだ不明です。
mdc.jpg 3/16-17 に岩根山荘でおこなわれた、「モンチュラ・ドライツーリングチャンピオンシップ2019」というドライツーリングのコンペを観戦しました。久しぶりにアイスコンペを生で観戦したので、感想などをつらつらと書いてみました。
grampians-np-focus-area-final-map-714x1024.jpg オーストラリアの有名なクライミングエリア・グランピアンズの一部エリアでクライミングが禁止となりました。禁止されたエリアは 8つで The Gallery、Gondwanalandm Millenium、Billywing Buttress Billimina Area、Little Hands Cave、Cave of Man Hands、Manja Area です。禁止エリアは Special Protection Areas (SPAs) に指定され、禁止理由としては環境の保護とオーストラリアの原住民・アボリジニーの壁画や遺跡の保護が挙げられています。

著名人のつぶやきもっと読む

海外メディアのつぶやきもっと読む

ジムのつぶやきもっと読む

みんなのつぶやき

月別過去ログ

年間人気記事

2012年の人気記事Top20

  1. 田嶋あいか、瑞貴姉弟が鳳来で成果
  2. 残置カラビナでロープが切れ、男性が墜死
  3. マグナス・ミトボのトレーニング
  4. 小山田大、マッドロックからイボルブに移籍
  5. ブロッキング機能のあるビレイデバイス
  6. 摩耗したカラビナの危険性
  7. 兜山ロッククライミング自粛のお願い
  8. (追記)マムートの新ハーネス
  9. アダム・オンドラ、5.15cの新ルートを開拓・初登
  10. 尾川智子、世界初のV14を登った女性に
  11. 『黒部 厳冬の十六日間』 - 佐藤裕介スライドショー
  12. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  13. ダニエル・ウッズ インタビュー(2012の目標)
  14. 安間佐千、La Rambla(9a+/5.15a)を第9登
  15. 最近のフリーの記録 - 2012/6/26
  16. 2012年のクライミング
  17. 重い人をビレイする方法
  18. 小山田大、Story of two worlds完登
  19. ヨセミテでハンタウイルスで2名死亡
  20. パトリック・エトランジェ、亡くなる

2011年の人気記事Top20

  1. (追記)アディダスが5.10を$2500万で買収
  2. 鳳来・鬼石「卒業」での事故報告
  3. 第一回ボルダリング日本代表強化合宿
  4. 印象に残った動画ベスト15 @2011
  5. 小山田大、笠置のプロジェクトを完登「常世」
  6. 女性用クライミングシューズレビュー
  7. チョークバッグのFINGER JOINT
  8. 尾崎隆さん、エベレスト頂上付近で死亡
  9. CCHエイリアン、秋からFixeより再販
  10. 谷口ケイ&平出和也ペア、ナムナニ峰登頂
  11. 安間佐千、Pachamama(5.15a)を第2登
  12. ストーブ
  13. 『ユージの部屋』 第1回・小山田大
  14. アダム・オンドラ、V16課題を初登
  15. ギガT&トロT
  16. ボルダリングワールドカップ観戦メモ
  17. 『チャレンジ!ホビー 壁に挑め! ボルダリング入門』
  18. Giri-Giri Boys、Daddomain東壁初登
  19. アダム・オンドラ、V16課題を第2登
  20. JFA2011日本選手権"マムートカップ"